ファッション

ビジネスシューズの選び方と種類を解説!おすすめ商品10選

ビジネスシューズといえば、スーツに合わせる靴のことを指し、ビジネスシーンに対応できるようにシンプルな作りの革靴であることがほとんどです。
ビジネスマンを見ると一見みなさん同じようなシューズを履いていると思いますが、実はビジネスシューズにもさまざまなブランドがあり、形の種類も豊富なんです。 そこで今回は、おすすめのビジネスシューズをピックアップしてまとめてみました。

ビジネスシューズの選び方

ビジネスシューズを購入する際は、どんなことに気を付けたら良いのでしょうか? 買う前に押さえておきたいチェックポイントをご紹介します。

ビジネスシューズの種類


ビジネスシューズには様々な形があります。 横一文字の切り替えがつま先に入っている「ストレートチップ」、つま先や甲の部分に飾りがない「プレーントゥ」、甲を締めるためのバックル付きのストラップがついた「モンクストラップ」、つま先の切り替えがW字型になってる「ウイングチップ」 この5種類が定番の形といわれています。 中でもストレートチップ、プレーントゥを選ぶ方が多く、一般的なビジネスシューズのイメージとして親しまれています。

つま先の形


先ほどはシューズ全体の形や特徴の種類でしたが、つま先の形にも差があります。 つま先には、先が丸い「ラウンドトゥ」と先が長い「ロングノーズ」の2種類があります。 ラウンドトゥの方が足先にゆとりがあり、比較的楽に履けます。また、角が丸く優しい雰囲気になるので、スーツの印象をやわらげる効果もあります。 一方、おしゃれに履きこなしたい場合は、ロングノーズをおすすめします。つま先が細い分、すらっとしたタイトなルックスになり、スーツスタイルをかっこよく見せてくれます。

内羽根か外羽根かを選ぶ


羽根というのは、紐を通す部分のことを指します。 「内羽根」だと、外側へ開きづらく、甲の調整があまりできません。しかし、見た目はスタイリッシュで、フォーマルな場所やパーティーシーンに最適いです。 一方「外羽根」は、紐を通す穴が外側に開いていることもあり、甲の調整がしやすいです。 着脱もしやすいので、毎日使うビジネスシューズには向いているでしょう。

選ぶときのポイント


まず靴を試着する際は、足がむくんだ状態で挑みましょう。 人は長時間歩いていると足がむくんできます。すると、足のサイズが若干変わるので、むくんでいない時にジャストフィットしている靴だと、あとできつくなって歩けない…なんてことになる恐れもあります。 また、なるべく毎日履く靴下と同じものを着用して履くようにしましょう。 そして、サイズ感としてはスニーカーよりも少し小さ目を選ぶのがおすすめです。革靴はインソールを入れる以外はゆとりを持って履くような靴ではありません。 毎日履くものですから、なるべく足にフィットして負担にならないものを選びましょう。

国内で人気のおすすめビジネスシューズ8選

[テクシーリュクス] ビジネスシューズ 本革 TU-7774


こちらはストレートチップタイプのビジネスシューズ。オーソドックスなフォルムだからこそ、どんなスーツにも合いやすく使いやすいのが特徴です。 幅広の3E設計で、幅広の足の方も安心。かかと部分にはラバーを採用し、耐久性にも配慮しています。 クッション性と屈曲性に優れたソールを使用しており、軽量で身軽な履き心地が自慢です。

Fengbao 革靴 ビジネスシューズ



二層目の牛革を使用したほど良い光沢が魅力的なビジネスシューズ。 非常にやわらかい革を使用しているので、足なじみも良く、着脱がしやすいので毎日の使用におすすめ。 想像以上に革が柔らかいです。足が入れやすく、歩きやすいです。 摩滅に耐える頑丈なゴムソールを使用し、滑りにくく、雨の日にも履くことができます。

[ジーノ] 【選べるビジネス】 ビジネスシューズ



累計10万足を記録した『ジーノ』のロングノーズタイプのビジネスシューズ。 アッパー素材には本革に限りなく近づけたという上質なフェイクレザーを使用しており、本革同様のツヤを実現。 つま先部分には大胆に施されたチゼルトゥが、存在感を放ち、ほど良い光沢感と共に高級感を演出しています。 インソールには鮮やかなレッドカラー、靴底の縁にはインパクトあるオレンジカラーのステッチを施し、他のビジネスシューズに比べおしゃれな雰囲気に仕上がっています。

[Hawkwell] (ホークウェル) メンズ レースアップ ビジネスシューズ


こちらは人気の『Hawkwell』のビジネスシューズの新作シューズ。 オリジナル合成ゴムを使用して滑り止め機能を強化し、ソールの柔軟性を保ちつつ、雨の日にも強く進化しました。 ローファータイプで、3Eの幅広なので、足が大きい方や甲の高さや幅に悩みがあるという方にもおすすめです。かかとには3cmの高さがあるので、ちょっとした身長UPもできますよ!

[ロック ダン] スリッポン メンズ ビジネスシューズ


牛革を使用したスリッポンタイプのビジネスシューズがこちら。 シンプルなデザインで、クールなスーツスタイルに導いてくれます。 紐を結ぶ手間もなく、すぐに履けるのでローファータイプ同様に着脱しやすくてラクラク。 スリムなフォルムで、タイトなスーツと相性抜群です。

[luzhikang] ビジネスシューズ



二層目の牛革と合皮でできたストレートチップタイプのビジネスシューズ。 こちらも3Eで、日本人の幅広い足にもフィットしてくれます。 高品質なパテントレザーを使用しており、上質な光沢を放ちます。 一番負担のかかる外側くるぶし部分から内側にかけて、斜めに溝を作ることで滑り止め効果を発揮。毎日長時間歩くビジネスマンに向けて、歩きやすさを追求しました。 0.5cm刻みの細かいサイズ展開もうれしいですね!

[デザート] (フォクスセンス) Foxsense ビジネスシューズ


おしゃれなスーツスタイルに引き立ててくれるモンクストラップタイプのビジネスシューズがこちら。 イタリア製の天然牛革を使用しており、じっくりと足になじんで着用者だけのオリジナルの一足へと変化していきます。 スクエアヒールで、足元からスーツをすらっと見せてくれます。 職人による丁寧な縫製で丈夫につくられているので、毎日気軽に履けてかっこいいビジネスシューズを求めるならこちらがおすすめ。

[TWDEFY] ビジネスシューズ



最後にご紹介するのは、ウォーキングシューズのような歩き心地を実現した風変りなビジネスシューズ。 甲も高くて履きやすく、レースアップタイプなので調節も可能です。 3Eのゆったり設計で、楽な履き心地を求めるなら一番おすすめです。 クッション性抜群のエアインアウトソールを使用しているので、長時間履きっぱなしでも疲れ知らず。営業回りが多い方にもぴったりです。

海外で人気のおすすめビジネスシューズ2選

Muyin Men’s Business Brogue Tuxedo Dress Shoes Matte Wingtip Hollow Carving Genuine Leather Lace up Lined Oxfords


海外ならではのおしゃれなビジネスシューズがこちら。 つま先には個性的な模様が施されたウイングチップタイプで、都会的なデザインが特徴。風合いがきれいなライトブラウンカラーがおしゃれなスーツスタイルに格上げしてくれます。 全体的にもスタイリッシュで、ビジネスシーンのみならず、パーティーシーンにも映えてくれるオンオフ活躍できる一足です。

Faranzi Tuxedo Shoes Patent Leather Wedding Shoes for Men Cap Toe Lace up Formal Business Oxford Shoes


ストレートチップタイプのブラックボディで、オーソドックスなきれいなスタイルを持つビジネスシューズ。光沢のあるパテントレザーが艶やかに輝き、高級感もあり。 快適さを追求したインソールで、長時間の歩行をしっかりサポートしてくれます。

まとめ

まずは自分のスーツに合わせてどんなフォルムが良いかイメージを立てみましょう。そのあとは一度足を通してみるのが一番!あなたのスーツスタイルをより魅力的に引き立ててくれるビジネスシューズに出会えることを願っています。

関連記事

  1. ビジネスバッグの選び方とは?おすすめ商品10選
  2. 季節ごとの海外アウター人気商品9選をご紹介
  3. ルームランナーを選ぶポイントのご紹介!おすすめ商品10選
  4. 海外の衝撃を受ける機能搭載!おすすめバック8選
  5. カホンを選ぶ時の3つのポイントとは?おすすめ商品10選ご紹介
  6. 国内外で人気|おすすめインソール10選
  7. 海外のハイセンスな人気男性下着~厳選6選~
  8. チャッカブーツの特徴や選び方とは?おすすめ商品10選

ピックアップ記事

PAGE TOP