日用雑貨

睡眠を助ける!海外おすすめベッドシーツ7選

上質な睡眠を求めてベッドとマットレスの質にこだわる方は多くいらっしゃいます。実は、ベッドシーツも質の良い睡眠を助けてくれます。肌感や体質に合ったシーツを選ぶのはとても大事ですが、素材や生地のタイプが多すぎて選びきれないことはないでしょうか?

そこで、シーツの選び方を解説しながら、体質や肌感別におすすめのベッドシーツの生地と素材を網羅的にご紹介いたします。

シーツに不可欠な機能

就寝中に、体と布団との間には空間があり、人の熱や汗によって布団内の空間が温度と湿度が生まれます。この温度や湿度のことを「寝床内気候(しんしょうない きこう)」といいます。

日本睡眠科学研究所の実験結果によりますと、「深い睡眠」を実現するために寝床内気候の条件は、温度が33±1℃、湿度が50±5%であることです。実は、ベッドシーツはこの温度と湿度を理想な状態に調整してくれます。そのため、シーツの保湿性・吸湿性・発散性・通気性の良さが求められます。

快適な睡眠に不可欠なシーツの役割

人は睡眠時に1晩で約200ml~300mlの汗をかきます。それは深い睡眠に導くために、汗をかき体温を下げる必要があるからです。睡眠中にかいた汗を布団が吸収してくれるため、寝床内気候が常に33度前後、湿度50%に保てられます。

しかし、汗の処理に乏しい素材のシーツを使用してしまうと、夜が寝苦しく感じ目が覚めることもあります。どのような素材のシーツが汗の吸収に向かないでしょうか。表でまとめましたので、見ていきましょう。

化学素材 天然素材
製品 ナイロン・ポリエステル・ポリウレタン 麻・綿・アヒル・ガチョウ・キャメル
メリット 値段安い 通気性が良い・吸水性が良い・保温性が高い
デメリット 蒸れやすい・通気性が悪い
シーツに使われる素材は大きく分けて、天然繊維と化学繊維の2種類です。天然繊維は動植物から採れた素材のため、肌や体に優しく、通気性や吸水性に優れています。それに対して、化学繊維はほとんど汗を吸い取れませんし、肌への負担も大きいです。ただ、化学繊維は保温性が非常に高いという特徴で、冬の寝具の素材としてはとても優秀です。

体質と使用感別におすすめのシーツ素材

涼しく寝れる素材(麻)
製品:European Made Pure Linen Flat Sheet

【特徴】
・100%天然麻(リネン)
・100%天然染料使用
・ヨーロッパ栽培・採取
・機械での水洗いと乾燥可能
・肌への刺激が少ない

天然麻(リネン)のシーツは体感上特別に涼しく、夏場にピッタリな素材です。また、天然麻は吸水性も良いので、夏場に汗がかいても蒸れることなく、寝苦しさもありません。夏の暑さをしのぐには天然麻のシーツを選ぶと良いでしょう。



冷感敷パット(マイクロファイバー)
製品:Comfort Spaces – Microfiber Smart Cool Sheets Set



【特徴】
・マイクロファイバーがブランド
・洗濯機による洗濯や乾燥が可能
・ひんやり感

マイクロファイバーがブランドされるこの商品は、体感ひんやりと涼しく、暑い夏を乗り越えるためにマイクロファイバー素材のシーツも良いではないでしょうか。



吸水性抜群綿(コットン)ガーゼシーツ
製品:ZEM-PXD Pure cotton gauze towels



【特徴】
・100%コットン
・夏用
・タオルブランケットタイプ

綿のガーゼシーツの最大な特徴は高い吸水性にあります。夏場に汗をかいても心配することなく、吸収してくれます。また、水洗い可能なので手入れも簡単です。ただ、保温性は高くないため、エアコンをあまり使わないご家庭にはおすすめです。



マイクロファイバー(ポリエステル)(冬用)
製品:AmazonBasics Microfiber Sheet Set

【特徴】
・100%マイクロファイバー(ポリエステル)製
・柔らかく、強い
・洗濯機による水洗い可能、速乾
・エコテックス基準で製造される

ポリエステル製のシーツは保温性が高く、厳しい冬での使用がおすすめです。また、水洗い可能ですし、乾かすのも速いです。高い保温性と手入れしやすさがマイクロファイバー製シーツ最大な特徴です。

シルクサテン生地
製品:Queen Silk Sheet Set(4シーズン)

【特徴】
・100%マルベリーシルク
・マイクロファイバー不使用
・肌と髪のケア
・エコテクスト基準製造
・水洗い可能、手入れ簡単

100%天然シルクで作られた同製品は、夏場は涼しく冬でも熱を逃さない。また、シルクという天然タンパク質は肌や髪に優しいです。肌や髪の健康に気を使っている方にはおすすめです。

竹(バンブー)生地(夏用)
製品:Zen Bamboo Luxury 1500 Series Bed Sheets


【特徴】
・40%竹繊維、60%マイクロファイバー素材
・シルクに近い肌感
・機械によるクリーニング可能

Zen Bamboo Luxuryの1500シリーズは多くの5つ星ホテルに採用されているベッドシーツです。竹繊維とマイクロファイバーのブランドによって、マイクロファイバー素材のみでは実現できなかった通気性と吸湿性を改善しました。そして、シルク素材に近い寝心地は上質な睡眠をサポートしてくれます。5つ星ホテルの寝心地は家で体験できます。

ソフトマイクロファイバー(4シーズン)
製品:Sonoro Kate Bed Sheet Set Super Soft Microfiber 1800


【特徴】
・シルクに近い肌触り
・柔らかい
・シワ出にくく色も抜けにくい
・洗濯機でのクリーニング可能、手入れ簡単

当製品は一般的なマイクロファイバーと異なり、シルクに近い肌触りや柔らかいのに破けにくいです。お手頃の価格でシルクに近い寝心地を体験できますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

海外のおすすめベッドシーツ7選をご紹介して参りましたが、いかがでしょうか。シーツを選ぶ際に肌感や触り心地を重視して選ぶのがポイントですが、季節に分けて異なる素材のシーツを選ぶと睡眠はもっと良くなると思います。ここでご紹介しました7個のベッドシーツはほんの一部に過ぎません。海外のベッドシーツをもっとご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください。

関連記事

  1. 毎日の支払いをスマートに! おすすめ小銭入れ10選!
  2. 厳選おすすめライトはこれだ!おすすめLEDライト8選
  3. 愛鳥が広々と過ごせるおすすめの鳥かご8選
  4. 購入前に要チェック!海外でおすすめのおしゃぶり8選
  5. エスプレッソマシンの失敗しない選び方は?海外製おすすめ8選
  6. おすすめ抱き枕8選~抱き枕を簡単に選ぶポイントもご紹介~
  7. もしものときに備えよう!おすすめの防災グッズ10選
  8. 始めよう、大人の塗り絵。おすすめの色鉛筆10選

ピックアップ記事

PAGE TOP