日用雑貨

ナイフの特徴や選び方とは?おすすめ商品8選

アウトドア好きな方にとって持っていると大変便利なナイフ。
ナイフと一言で言っても、さまざまなタイプがあるので購入する際には迷ってしまいますよね。今回はそんな種類もサイズもさまざまなナイフの用途に合わせた選び方と、おすすめナイフをご紹介します。

自分に合ったナイフの選び方とは?

アウトドア用のナイフにはアクティビティの用途に合わせたナイフを選ぶ必要があります。
ここではアウトドアの種類に合わせてどのようにしてナイフを選ぶべきかをチェックしていきましょう。

釣りや緊急用には切れ味のいいものを


釣り用にナイフを使いたい場合、切れ味の良さを重視したものを選びましょう。釣りをする際にはただ切るだけでなく、魚をさばいたりしめたりする場合も考えて、握りやすく多用途に使えるものがおすすめです。サイズは小さめでも大きめでも大丈夫ですが、ちょっとした力加減ですっと切れるものがベストです。また、防水や錆びにくい加工がされているものを選ぶことで長くナイフを使えるようにしましょう。緊急用にナイフを持っておきたいときも、メンテナンスが最小限で切れ味のいいナイフがおすすめ。いざというときにすぐに使えるようなものを選びましょう。

キャンプ用には耐久性のあるものがおすすめ


キャンプ用にナイフを使いたいときには、切る対象がさまざまなため、より耐久性があるナイフがおすすめです。木材を切ったり、植物を切ったりとやわからいものから硬いものまであらゆるものが切れる1本があると便利です。サイズは大きめ、できればグリップ感のある太めのものがいでしょう。

登山用には折りたたみで軽量のナイフ


登山をする時にとても便利になるナイフ。ですが、登山をする際には運ぶ荷物の量や重さに限りがあります。ナイフも軽量で場所をとらない小さめサイズがおすすめです。折りたたみ式の軽いフォールディングナイフを選びましょう。すぐに手に取れるようにキーホルダーやベルト付きで、身につけられるようなタイプだとさらにいいでしょう。

おすすめ商品(国内)

シマノ ナイフ シース小出刃 CAN TALK-511N


ステンレス製の刃と握りやすいグリップ形状のデザインが特徴のナイフです。かちっと簡単に装着することができ、シースには水抜き穴が設置されているため、水分がこもりにくくなっています。サビに強いのでちょっとしたアウトドア、緊急用としておすすめです。

ダマスカス鋼 ナイフ アウトドア 直刃 折りたたみ 贈り物の佳品 折り畳みナイフ


ギフト用にぴったりな折りたたみサイズの軽量、耐久性に優れたナイフです。材質にはダマスカスと貝殻の柄を使用し、高級感のあるデザインが魅力。錆びにくく長時間安全に使えます。釣り好きな方に贈ると喜ばれるアイテムです。

シマノ ナイフ スライドナイフ CT-911R ブラック


刃渡70mmのスライド式ナイフです。切る、さばくといった作業が一本でできるので釣り向きの一本。安心のロック機能付きで持ち運びにも便利です。安いのによく切れるのが魅力のアイテムです。

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG


カーボンスチール素材のプラスチックシースタイプのナイフです。特にアウトドア用で木材を切るのに便利な1本です。スウェーデンの職人たちに受け継がれてきた独自の刃造り技法でデザインされています。握りやすいグリップ部分はより力を入れても安全に使えるように設計されています。

OPINEL(オピネル) カーボンスチール 【国内正規商品】


カーボンスチール製のデザイン性のある折りたたみナイフです。登山専用に使われることが多いナイフで、軽さと安全性を兼ね備えた1本です。ハンドル部分は木材でできており、しっかりとしたグリップ感と暖かみを与えてくれます。

360MALL ミニ ナイフ 携帯用 コンパクト 折りたたみ 釣り キャンプ アウトドア カラビナ キーホルダー 付き


親指サイズのミニナイフです。ステンレス製で錆びにくく小さめでも耐久性に優れたアイテム。携帯するのに便利な軽量タイプです。緊急用やちょっとしたアウトドア用のナイフとして活躍します。

おすすめ商品(海外)

Morakniv Companion Fixed Blade Outdoor Knife with Sandvik Stainless Steel Blade,

多目的に使える、アウトドア用のナイフです。スウェーデン製のスチールナイフで、耐久性に加えて切れ味の良さも抜群。ナイフのカラーに合わせたベルトクリップ付きのシースはアウトドア用に持ち運びに便利です。

KA-BAR Becker BK2 Campanion Fixed Blade Knife

キャンピング用に便利なフィックスタイプのナイフです。ちょっとした力でも切れ味の良さを実感でき、硬いものを切っても腕が疲れにくいデザインが特徴的。軽量で持ち運びするときにも便利です。キャンプで料理をする際のナイフとしても使うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は様々な用途で使えるナイフについてご紹介しました。ナイフは使う用途やシーンによってサイズやデザインを変えるのがおすすめです。今回は主にアウトドア用に使えるナイフをチェックしました。これからアウトドアを楽しみたい!と思っている方はぜひ用途にあったナイフを持っていきましょう。

関連記事

  1. 備えあれば憂いなし!そのまま食べられる非常食おすすめ10選
  2. センスがいいと思われるハンドクリームギフトおすすめ10選
  3. おすすめ日焼け止め8選~コレさえ知っていればOK!基礎知識も紹介…
  4. 爪のお悩みを解決!おすすめの爪切り10選
  5. タッパーの特徴や選び方とは?おすすめ商品10選
  6. 購入前に要チェック!海外でおすすめのおしゃぶり8選
  7. 特徴的なシャワーヘッドをご紹介!おすすめ商品7選
  8. 食器用洗剤を選ぶポイントをご紹介!おすすめ商品10選

ピックアップ記事

PAGE TOP