日用雑貨

猫と新しいおもちゃで遊びたい!人気の猫のおもちゃ特集

猫を飼っているみなさんは、こんなことに困ったことはありませんか?

 「自分の猫がどういうおもちゃが好きなのかわからない」「おもちゃを買ってみたはいいけど猫が遊んでくれない」「すぐ飽きてしまって部屋の片隅でほこりをかぶってしまっている」…などなど。今回は、猫のおもちゃの種類と選び方、おすすめの商品をご紹介いたします。一緒に暮らしている猫の性質や普段の様子に合わせて、ぴったりのおもちゃを探してみてくださいね。

猫のおもちゃの種類と選び方

さて、皆さんはおもちゃを選ぶときに、その種類の豊富さに圧倒されて購入を断念してしまってはいませんか?しかし、よく調べてみると猫のおもちゃは大きく分けて以下の2タイプに分類できます。

Aタイプ:猫の狩猟本能を刺激するおもちゃ


 猫は、小さいものが素早く動くと目で追ってしまったり、自分から離れていくものを追いかける習性があります。それをいかしたおもちゃとしては、いわゆる猫じゃらしなどの古典的なアイテムがこれにあたります。先端に羽根やねずみのおもちゃがついていたり、猫じゃらしにも様々なバリエーションがあります。また、最近では、自動で回転するねこじゃらしやLEDポインタを使って猫と遊べる製品なども販売されています。


◎このタイプのおもちゃが適している猫の特徴

 …若い、好奇心旺盛活発飼い主と頻繁にコミュニケーションをとりたがる


Bタイプ:猫をリラックスさせるおもちゃ

飼い主の知らない間にせまくて暗いところに入りこんでしまう猫がいますよね。筆者の猫も、細く開いた扉のすきまによく無理やり顔を押し込んでいます。もともと夜行性の猫にとってはそのような場所が落ち着くのかもしれませんね。また、歳をとって激しい運動ができなくなった猫にとっても、このようにゆっくり自分のペースで遊べるようなおもちゃの方が遊びやすいかと思います。


◎このタイプのおもちゃが適している猫の特徴

落ち着いてのんびりしている、臆病、警戒心が強い
みなさんの猫はどちらのタイプでしたか?
生来の気質や年齢など様々な要因がかかわってくるのではっきりと判別はできないかもしれませんが、普段の猫の様子をしっかり観察してみましょう。

●猫のおもちゃ選びで気をつけたいこと+α(アルファ)

(1)猫の好きな素材や色を日頃からチェックしておく

 人間と同じように、猫にも好みがあります。おもちゃ購入を検討している期間に、家の中のものでどんなものに反応しやすいかを確かめてみるのもよいですね。


(2)どのように遊ばせたいのか考えておく
 例えば、猫と遊ぶ時間をたっぷりとれるので猫とをとりながら遊びたいのか、忙しいので自分ではかまってあげられないが猫のストレス解消のためにも遊ばせてあげたいのか、などなど…猫と遊ぶと言っても色々ありますよね。いざおもちゃを買っても、実際に使ってあげられないのは非常にもったいないので、じっくりイメージして選びましょう。

海外で人気の猫のおもちゃ8選

1.Pet stages/タワー・オブ・トラックス


3つのカラフルなボールがせわしなく回転し、転がることで猫の注意をたえずひきつけてくれるおもちゃです。複数の猫と同時に遊ぶことも可能です。

猫が顔を入れてケガをしないようにタワーの中心には安全バーがついているので安心ですね。猫の視線を集めやすいサイズ感やボールの色の鮮やかさがポイントとなっているようです。
好奇心旺盛な猫ちゃんと遊びたい方におすすめです!


2.Pet Fit for Life/マルチフェザーティーザー



こちらは、スペシャルな羽つき猫じゃらしです。柄の部分は初期の長さから二倍の長さまで伸ばすことができるので、様々な動きを試して猫を喜ばせましょう。また、先端の羽根は二種類あるので付け替えて遊んでみるとよいかもしれません。別売りですが、同じメーカーから10種類以上の付け替え用の羽根が販売されていますので、猫の好みに合わせて羽根を選ぶのもいいですね。
猫がすぐに飽きてしまうのは当然おもちゃを「見慣れてしまう」からなので、こまめに先端を変えてみると一つの製品でも長く使えるかもしれません。
まだまだ遊び盛りの子猫や猫じゃらしの扱いに自信がある飼い主さんにおすすめです。


3.Bergan/ターボスクラッチャー



おもちゃと爪とぎが一体化したユニークな製品です。ボールを追いかけているうちに興奮した猫が近くにあった家具に爪をたててしまう…というトラブルを避けるためにも、遊んでいるときに爪とぎをスタンバイさせておくにこしたことはありませんよね。また、爪とぎ部分に使用されているボール紙は匂いがしみつきやすいので、マーキングをすることで猫にとっては遊ぶとき以外にも一休みできるスポットにもなるかもしれません。仮にボール紙がボロボロになってしまっても、その部分だけまた購入できるので安心して使うことができます。
遊び続ける体力がなくなってきた猫など、まったり自分のペースで遊ぶのが好きな猫を飼っている方におすすめです。

4.Smartycat /フェザーホイール



ボタンを押すだけで羽根が回転し、忙しい時間でも猫を遊ばせてあげられる便利な電動猫じゃらしです。羽根がついている猫じゃらし部分を取り外すことができるので、猫じゃらしあるいはボール単体として使うことも可能です。一つのおもちゃで三通りの遊びができるのは魅力ですよね。猫のおもちゃの老舗メーカーの製品なので品質は確かですし、比較的安価なこともあって初めて猫のおもちゃを購入する方におすすめです。

5.Prosper pet/キャットトンネル



 3つの入り口から自由に猫が出入りすることができるトンネルです。カラーバリエーションが20種類以上あるのでお部屋の雰囲気に合わせたデザインを選ぶことができます。記事は薄いですが、耐久性の高いポリエステル製のため猫が内側から爪をたてたり暴れたりしても破れません。
 また、折りたたみが可能で手軽に外に持っていくことができるので、慣れない環境だと落ち着かない猫のセーフティスポットとしても利用でき旅先でも重宝すること間違いなしのスグレモノです。少し臆病な猫ちゃんや環境の変化が苦手な猫ちゃんがいる家にはあったら嬉しい商品なのではないでしょうか。


6.Cat Amazing/ベストキャットトイ-エヴァー



隠された「ご褒美(=おやつ)」を猫に見つけてもらうパズルボックスです。箱の中は迷路のようになっていて、中の扉を猫が懸命に押したり引いたりすることで中からご褒美が出てくる仕組みになっています。猫は隙間が大好きですし、おやつも食べられるので大喜びでしょう。また、この商品を使うことで手軽に食事前の運動をさせることができるため、病気や肥満などで食事制限中の猫に使うのも推奨されています。あまり運動が好きではない猫ちゃんの飼い主さんにおすすめです。

7.Youngever /猫のおもちゃ20種つめあわせ



キャットトンネル、しなる猫じゃらし、ふわふわしたネズミ型のおもちゃ、羽根つきのボールなど20種類の猫のおもちゃのつめあわせです。写真で見ると同じ形に見えるおもちゃも、使う素材が違ってどのおもちゃを猫が気にいるかは遊ばせてからのお楽しみです。猫の好みが知りたい方や、初めての購入でおもちゃの数と種類を揃えたいという方におすすめです。

8.Catit Design プレイサーキット



マッサージゾーン、おやつの迷路ゾーン、爪とぎゾーン、サーキットゾーンなどの製品を組み合わせたセットで、箱から取り出して設置するだけで簡単に猫のためのテーマパークが完成します。セットの一部に含まれているガーデンゾーンの草は、猫が食べても健康上の問題がない、良質な草なので安心して遊ばせられますね。
猫ちゃんの誕生日など、特別な機会にプレゼントしてあげるのはいかがでしょうか。

まとめ-人気度だけではなく猫ちゃんを見て選ぶ

今回は猫のおもちゃについて紹介してみましたが、気になるものは見つかりましたか?まとめると、タイプAのおもちゃは1~3まで、タイプBのおもちゃは4~6,全タイプの猫ちゃんにおすすめなのが7と8のおもちゃとなります。
猫ちゃんにもそれぞれ好みがありますので、自分の猫がどんなおもちゃが好きなのか、考えながら選んであげてくださいね。

関連記事

  1. 【メーカー別】シニア猫におすすめのキャットフード10選
  2. 「おしゃれ着」の洗い方のススメ-おすすめの洗濯洗剤10選
  3. 市販シャンプーを選ぶポイントをご紹介!おすすめ商品10選
  4. バウンサーを選ぶポイントをご紹介!おすすめ商品9選
  5. 足元から冷える冬。強い味方のあったかスリッパ10選
  6. 国内・海外で人気のおすすめカミソリ10選
  7. 機能性が高い弁当箱おすすめ10選
  8. タッパーの特徴や選び方とは?おすすめ商品10選

ピックアップ記事

PAGE TOP