PC・スマホ関連

包丁の種類を解説!海外で売れている人気のおすすめ9選

料理をしている時に食材が切りにくいと思ったことはありませんか? 料理をする上では包丁は欠かせないアイテムですよね。もちろん劣化により切りにくくなることもありますが、その食材に対して間違った包丁を使っている可能性もあります。

今回は用途別の包丁の種類と海外で売れているおすすめしたい商品をご紹介します。 包丁は大きく分けて「洋包丁」と「和包丁」に分かれます。

和包丁の主な種類

出刃包丁


刃元が厚く、刃先が鋭いのが特徴。魚をさばく際や肉を切るのにおすすめ。

菜切り包丁


野菜専用。刃が薄いのでせん切りなどにおすすめ。

船行包丁


本来は漁師が漁に出る際に魚を三枚おろしにしたり、エサをきざむために使われていましたが、野菜や肉にも使えるのでおすすめ。

刺身包丁


その名前の通り、刺身専用。一気に引きながら切ることで素材の組織細胞を殺さずにカットできるため、美味しく刺身を食べられます。

洋包丁の主な種類

牛刀


肉を切るのに適しています。刃が長いのが特徴。

三徳包丁


和と洋を合わせたような包丁。日本の家庭ではよく一般的に使われています。野菜・魚・肉すべてに使えるため、万能型となっています。

ペティナイフ


サイズが小さく、細長くて先が尖っているのが特徴。万能型のですが、果物ナイフと同じサイズなのでフルーツをカットするのにおすすめです。

パン切りナイフ


その名前の通りパン専用のナイフ。刃幅が狭く、ノコギリのような刃が特徴的。

●海外で人気のおすすめ包丁9選


高品質のステンレス鋼製の牛刀



高品質のステンレス鋼製の牛刀。厚さ2.3mmのブレードは、強度と耐久性を高めるために約0.6%〜0.75%の炭素で構成されています。

また、炭素に加えて16-18%のクロムもブレードの金属組成物に含まれていて長期間使用しても退色・変色を防止して光沢を維持します。野菜・果物・肉・魚など全ての調理に使える万能型。一般家庭からプロの料理人まで幅広くおすすめできます。

長時間の料理におすすめ。100%ステンレススチール製の牛刀



100%ステンレススチール製の牛刀。約20センチのブレードにより肉・野菜・フルーツを簡単に切ることができます。また、人間工学に基づいたデザインと快適性に優れているこの包丁は快適なグリップにより使用中の指のけいれんや痛みを最小限に抑えることができます。長時間料理をする時には特におすすめしたい包丁です。

高品質をキープできるブッチャーナイフ



100%ステンレススチール製のブッチャーナイフ、ヘビーデューティクリーバー。ブレードの長さは約18センチ。この包丁は主に肉の骨の切断やスイカ・メロンのような大きな食材を切るのにおすすめです。

快適なグリップと優れた品質のステンレススチールブレードは長期的に高品質を保ちます。高品質を保つには使用後は食洗機で洗うよりは手洗いをおすすめします。

ストレスなくスライスできるDALSTRONG三徳包丁



DALSTRONG三徳包丁。この包丁の特徴はスライスのスピードが上がるという点。ブレード内にある楕円形の中空のディボットにより、玉ねきなどをスライスする際に切ったあとに包丁に食材がくっつくのを防ぎ、よりスピーディーに綺麗にスライスすることができます。

満足のいく重量や高級感のある素材と質感を備えていて価格もお手ごろなところもおすすめ。

ギフトボックス付きがうれしい刺身包丁



日本の外科用グレードのステンレススチール製のHRC刺身包丁。人間工学に基づいたD型グレーレザーの木製ハンドル(ダブルリベット耐久性)は、耐久性のないフルタングよりも耐久性と堅牢性があります。

高品質の鋭い刃により生刺し、刺身を美味しく食べることができます。また、この包丁はギフトボックスが付いているため、プレゼントにもおすすめ。

野菜をおしゃれにカットできるスライサー



ステンレス鋼のおしゃれにカットできる包丁。ナイフのシャープさを利用して、簡単に切れ、剥がれ、創造的な料理ができます。 ニンジンとジャガイモなどの野菜に使うのがおすすめ。サラダやポテトフライがおしゃれに仕上がります。

誕生日会やホームパーティーなどにおすすめ。特別な日の料理のために普段使う包丁とは別に1個購入してみてはいかがでしょうか。

Cuisinartステンレス製15点ナイフセット



Cuisinart(クイジナート)ステンレス製15点ナイフセット。高炭素ステンレススチールブレードで作られています。1番のおすすめポイントは15点セットで低価格なところ。

さらに品質にもこだわっていて完全な安定性とコントロールのために耐久性の高いボルスターを備えており、グリップも快適に使用できます。収納ケースもおしゃれなのでキッチンのインテリアとしてもおすすめ。

ORBLUEステンレス製パン切り専用ナイフ



ORBLUEステンレス製パン切り専用ナイフ。Orblue Breadナイフの刃には、鋭利な鋸歯状のエッジがあり、食パンの断面が崩れることなく素早くスライスすることができます。

刃の長さは約20センチ。食パン専用のスライサーですが、パイナップルやトマトなど、スライスしたい食材にも使えるのもおすすめしたいところ。

スイスのブランドVictorinoxの牛刀



Victorinoxの牛刀。Victorinox(ビクトリノックス)は 創業者カール・エルズナー氏がナイフ作りを始めたことがきっかけで生まれたスイスのメーカー。まっすぐなエッジが特徴的な包丁です。

●まとめ

一般の家庭ですと、毎日献立が変わってきますよね。肉・魚・野菜を調理する際には必ずと言っていいほど包丁をつかいます。一般家庭ですと特にこだわりがない場合は三徳包丁や万能型を選ぶことをおすすめします。

料理にこだわりがある人は刺身用・肉用・野菜用など包丁を分けて購入するようにしましょう。メニューによっては包丁によって料理の味が変わってくるので本記事を参考に選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 本当に安いの?噂のSIMフリー携帯-おすすめ8選
  2. グラフィックボードの特徴や選び方とは?おすすめ商品10選
  3. 意外と迷うイヤホン選びのコツと海外で人気のおすすめ6選!
  4. ゲーミングノートの特徴や選び方とは?おすすめ商品9選
  5. マウス おすすめ8選
  6. ガラスフィルムを選ぶポイントをご紹介!おすすめ商品9選
  7. テンキーの選び方とは?国内外おすすめ商品10選
  8. 海外でおすすめのタブレット 厳選8選

ピックアップ記事

PAGE TOP