PC・スマホ関連

キャプチャーボードの特徴や選び方とは?おすすめ商品10選

最近、ゲーム実況などをライブ配信するストリーマーが増えています。自分もやってみようかな?と思った時に必ず必要になるのが、キャプチャーボードです。今回はライブ配信や動画配信に便利なこのキャプチャーボードについての選び方やおすすめ商品を見ていきましょう。

キャプチャーボードとは?

キャプチャーボードとはそもそもどのようなものなのでしょうか?
普段パソコンを使っているだけなら必要なものではないですが、キャプチャーボードがあると、ゲーム画面上の映像や音声をパソコンに出すことができます。主にゲーム実況を録画、ライブ配信したい時にとても便利なデバイスで、最近ではニンテンドーswitchや、プレイステーションなどのゲームの実況中継などに使われています。

HDMI端子がついたものを選ぶのが主流


最近では大抵のゲーム機をライブストリーミングする際HDMI端子がついたキャプチャーボードを選ぶのがおすすめです。ゲーム機器と繋げるデバイスによってどのような接続を行うかが変わってきます。ノートパソコンとゲーム機を接続する際には特に注意が必要で、主にUSB接続でのみキャプチャーボードが使えます。その他の機器と繋げる場合は、ほとんどの場合HDMI端子がついていれば対応している場合が多いので、さまざまなゲーム機器とデバイスでライブ配信を行う予定がある方におすすめです。
またゲーム機器によっては特定のキャプチャーボードが必要な場合があります。自分がライブ配信したいゲーム機器にはどのようなキャプチャーボードで接続する必要があるのかを、リサーチしておきましょう。

おすすめ商品(国内)

ビデオ/VHS 8mm DVD ダビング パソコン取り込み ビデオキャプチャー 「アナレコ」


USB接続タイプのビデオキャブチャーです。特にアナログタイプのゲーム機器を録画、配信したいときに便利です。接続も簡単で、ゲームをしながら簡単に実況中継がしたいときに一つ持っておくと便利なツールです。

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC


パソコンなしでゲームプレイを動画、簡単に保存することができます。ニンテンドーswitchから、スーパーファミコンまで幅広く対応しているのも魅力です。ボタンを押すだけで簡単にゲーム実況を録画することができます。さらに編集やつなぎ合わせも自由にでき、最大録画時間は10時間までと長時間の録画も可能です。

Elgato Game Capture HD60 S – ゲームキャプチャー


世界中のコンテンツクリウェイターが選ぶゲームキャプチャーです。解像度がよく、ゲームプレイをスムーズに録画保存できます。 遅延もすくなく、使い勝手やライブ配信に適したアイテムです。

ゲームキャプチャー USB3.0


遅延の少ない、使いやすいゲームキャプチャーボードです。簡単接続で小さめサイズなので持ち運びしやすく場所を選ばずライブ配信ができます。ドライバーの設定やインストールもする必要なく、買ってすぐに使える使いやすが魅力のアイテム。適合性もよく様々なゲームシステムに対応しているため、ビデオ配信初心者の方でさまざまなゲームのライブ配信を試してみたい方におすすめです。

AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550 USB3.0対応HDMIキャプチャーデバイス


遅延ゼロでゲームをプレイしながら解像度のい動画が取れるキャプチャーです。高速データー転送により、高画質の映像を録画またはライブ配信することができます。MIC やAUX入力に対応しており、ゲーム実況に便利な音声と音楽をミックスした動画配信も可能です。

I-O DATA PC用HDMI キャプチャーボード/USB 3.0接続/ゲーム実況/フルHD録画/編集ソフト付き/GV-USB3/HD


さまざまなゲームシステムに対応したゲームキャプチャーボードです。HDM画像をパオコンで録画でいます。モニターへの遅延がなくスムーズに動画を配信することができます。ゲームの画質をそのまま録画し、動画に保存できるので高画質なゲームの質を落とすことなくライブ配信ができます。

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス] DV482


4Kパススルー機能に対応した高画質録画ができるゲームキャプチャーボードです。直感的に使えるビデオ編集ソフトを付属しており、動画を録画した後すぐにお好みで編集できる使い勝手のいいアイテムです。

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームの録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス] DV478


4Kパススルー機能がついたゲームキャプチャーボードです。専用ソフトがついており、簡単に録画、ライブ配信や動画共有ができます。

おすすめ商品(海外)

Plugable Performance NIX 1080P 60FPS Capture Card with USB C & USB 3.0 and HDMI Passthrough for Monitor

簡単接続でストレスフリーにライブ配信ができます。持ち運びしやすいコンパクトタイプで、遅延ゼロが魅力。USB接続可能であらゆるデバイスに対応しています。

MiraBox Capture Card,USB 3.0 HDMI Game Capture Card Device With HDMI Loop-out

youtubeやtwitchに対応した使い勝手のいいライブ配信ようキャプチャーボックスです。さまざまなデバイスに繋げて使用できるのでプロのストリーマーに人気のアイテム。ライブ配信に対応が確認されているので安心してお好みのストリーミングサイトに投稿できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はプロのゲーマーにおすすめなキャプチャーボードについてご紹介しました。ゲームが好きなのでライブ配信をしてみたいと思っている方には特に参考にして欲しい商品をリストアップしました。ゲームライブ配信は、それを通して、オンライン上でいろいろなゲーマーとつながりが持てるチャンスです。キャプチャーボードを使って同じゲームが好きな方たちと積極的に交流してみましょう。

関連記事

  1. マウス おすすめ8選
  2. ゲーミングチェアの特徴や選び方とは?おすすめ商品10選
  3. デキる社会人はスマートに持ち運ぶんです。便利なワイヤレスキーボー…
  4. 操作を快適にしてくれるマウスパッドおすすめ10選
  5. スタイラスペンの特徴や選び方とは?おすすめ商品10選
  6. 包丁の種類を解説!海外で売れている人気のおすすめ9選
  7. 本当に安いの?噂のSIMフリー携帯-おすすめ8選
  8. 次世代型タッチペン集合!メモ、ゲーム、イラスト用のおすすめ決定版…

ピックアップ記事

PAGE TOP