日用雑貨

泡立ち最強!おすすめボディソープ10選

みなさんは身体を洗うのにかかる時間を計ってみたことはありますか?髪の毛に比べると簡単に洗えて水で流せるボディソープを使う時間は、以外と短いような気がしませんか?ボディソープをしっかり泡立てると、時間はかかりますが肌に与える刺激も少なくなりしっとりした仕上がりになってくれるのでおすすめなんです!今回は、ズボラな人でも「泡」が立ちやすいおすすめの商品について紹介していきます。

泡立ちで選ぶボディソープ|その種類とおすすめタイプ


◎ボディソープの種類
身体を洗うボディソープには、主に以下の3種類があります。

1.リキッドタイプ…ポンプ容器に入っていて、ディスペンサーを押すと液状のボディソープが出てくるもの。最近はボトルタイプのものもある。
特徴:適量が取り出しやすく、保管が簡単。泡立てネットやボディタオルを使わないと細かい泡ができないので、どちらかとの併用がおすすめ。

2.泡タイプ…ポンプ容器に入っていて、ディスペンサーを押すと泡状のボディソープが出てくるもの。
特徴:泡立てネットやボディタオルを使わなくてもきめ細かな泡が出て来るので楽。

3.固形タイプ…いわゆる固形石鹸。
特徴:一般的なリキッドタイプのものより肌に与える刺激が弱い。保管場所に気をつければ長く使える。泡立ちネットを使わないと泡ができにくいが、ちゃんと使えば濃密な泡を作りやすい。

この他にジェル状のものやクリーム状のものもありますが、今回は割愛させていただきます。

◎ボディソープの泡立て方
ボディソープをしっかり泡立てると弾力があるもこもこの泡ができますよね。この泡には空気がたっぷり含まれていて、これが肌を洗う時のクッションになり肌を刺激から守ってくれるのです。
リキッドタイプの場合、洗面器などの清潔な容器に2-3プッシュのボディソープを入れた後にお湯を入れてよくかき混ぜ、ボディタオルやバスリリーを使って空気を含ませながら泡立て、泡を搾り取りながら揉み込んでいくと濃密な泡ができていきます。適量を使えば体全体を洗っても少し余るくらいの量の泡ができるはずなので、ぜひ試してみてくださいね。

◎ボディソープの選び方

リキッドタイプ向きの人
…とにかく商品数が多くたくさんの選択肢があるリキッドタイプは、じっくりボディケアを楽しみたい人におすすめです。香りや成分などをチェックしながら自分が求める効果があるボディソープを探してみましょう。

泡タイプ向きの人
…手早く泡を出すことができる泡タイプは、お風呂やシャワーで長く時間を過ごしたくない人や手洗い派の人におすすめです。手でとってそのまま洗えるので、ネットやボディタオルなどを使わずに洗い上げることができます。泡の持続時間などをチェックして、濃密泡が出るものを探しましょう。

固形タイプ向きの人
…自分の裁量で泡の質感を調整することができる固形タイプは、低刺激のボディケア製品を使いたい人や、特定の効果をもつ製品やオーガニック製品が好きな人におすすめです。固形石鹸は、100%天然素材でできたものや薬用成分が豊富に含まれた商品が多くこだわりが強い人にぴったりです。

おすすめのボディソープ10選



1.ニベア/クリームケア ボディウォッシュ



ニベアと言えば全身に使えるボディミルクでも有名ですが、高保湿のクリームも人気ですよね。この商品はクリームで身体を洗うような濃密泡ができるボディソープです。
ニベアクリームの成分にシアバターが加わり、洗い終わった後まで肌の潤いを保ってくれます。男女ともにつかいやすい上品な石鹸の香りなので、家族全員で使えます。このボディソープを使った時の泡の立て方もちゃんと書いてあるので、毎日贅沢なバスタイムにしてしまいましょう!

Amazonで詳細を見る

2.BOTANIST/ボタニカル ボディーソープ



植物由来の5種類の保湿成分(シアバター、カカオバター、アーモンドミルクなど)が肌をしっとりさせてくれるボディソープです。きめ細かい泡が毛穴にまで入り込んで古い角質やくすみをさっぱり洗い流してくれます。天然素材を使用しているので敏感肌の人にもおすすめです。シトラス系(オレンジ&ピオニー)やグリーン系(カシス&リーフグリーン)の男性でも使いやすい香りとフローラル系(ローズ&ホワイトピーチ)などの女性らしい香りなど豊富なバリエーションがあるので、好みの香りを探してみてくださいね。また、モイスト(しっとり)とライト(さっぱり)の洗い上がりどちらが好みでしょう?選ぶのが楽しくなりそうなボディソープですね。

Amazonで詳細を見る


3.KOSE/SAVON DE BOUQUET(サボンドブーケ)ホワイトボディウオッシュ



100%の純石鹸成分でお肌に優しく、泡マッサージができるほど濃密な泡が立てられるボディソープです。美肌成分と天然香料をたっぷり含んだもっちり泡に包まれてリラックスできます。このソープには古い角質やくすみや毛穴の汚れを吸着してくれるホワイトクレイ(泥成分)が配合されているので、使い続けることで透明感のある肌に導いてくれます。洗い上がりはうるおいを保ちつつもさっぱりした仕上がりなので、ぬるぬるが嫌いな人でも使いやすいようです。

Amazonで詳細を見る

4.Dove(ダヴ)/ボディウォッシュ ボタニカルセレクション ジャスミン



清潔感のある上品なジャスミンの香りが漂う、高保湿成分を配合したボディソープです。5種類の植物由来のオイルが乾燥した肌をみずみずしくしなやかな質感に変えてくれます。ダヴシリーズの魅力は少量でもたっぷりの泡が立つこと!もちろんこの製品も例外ではありません。いい香りのするたっぷりの泡につつまれながら優雅なバスタイムを過ごせそうですね。

Amazonで詳細を見る

5.ロート製薬/ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ



洗うたびに肌の「セラミド」を増やしてくれる低刺激性のボディウオッシュです。刺激が強いボディソープではセラミドも汚れと一緒に流れ落ちてしまいます。しかし、このボディソープはセラミドを残し肌の汚れだけを洗い流してくれるのです!セラミドによるバリアが機能していると肌が外部刺激によって傷つきにくくなるので、日中の乾燥や紫外線に悩まされている人にもおすすめです。しっとりした泡が出て来るので、手ですべらせるように優しく洗い上げましょう。

Amazonで詳細を見る

6.コラージュフルフル/泡石鹸



身体の一部の臭いが気になる人の部分使いに便利な抗菌成分を配合したボディソープです。カビや菌を洗い流すだけでなく菌の繁殖を抑えてくれる効果があるので、日中の臭いもケアしてくれます。もこもこした泡を身体の気になる部分に手でなじませてふわふわ洗あげましょう。足やワキなどの汗の臭いが気になる人や顔のニキビが気になる人、デリケートゾーンを優しく洗い上げたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る

7.カウブランド/青箱 バスサイズ136g



新鮮な牛乳から作られるミルクバターが配合された通称「牛乳石鹸」です。さっぱりした洗い上がりでジャスミン調の香りに癒されます。昔から愛用している方もいらっしゃるのではないでしょうか?カウブランドの製品は、日本国内で食用にもなる高品質の油脂を伝統的な製法で固めているので肌への負担が少ないのが特徴です。青箱はしっとりしつつもさっぱりした洗い上がりなので年中使える石鹸です。一方、赤箱はスクワラン(保湿成分)がたっぷり配合されているのでよりクリーミーな泡で洗うことができます。どちらもしっかり泡立てることが大切なので、泡だてネットやボディタオルを使いましょう。

Amazonで詳細を見る

8.Dr.Bronner’s/マジックソープ バー サンダルウッド&ジャスミン



アメリカの厳しいオーガニック製品基準をクリアしたボディソープブランドの固形石鹸です。オリーブ油とヤシ油をベースに、ホホバオイルなどの天然素材をブレンドした石鹸なので洗顔にも使うことができます。低刺激にもかかわらず洗浄力が高く、クレンジングまでできるというのだから驚きですよね。

Amazonで詳細を見る

9.Tree to Tub/SOAPBERRY FOR BODY



植物の無患子(ムクロジ:soapberry)を使用したボディソープです。ココナッツ、シアバター、きゅうり、アロエ、カモミールなど天然由来の保湿成分を配合しているので赤ちゃんからお年寄りまで使える安心安全な製品です。このボディソープの特徴はそのph値にあります。JIS規格の石鹸がph9~11であるのに対して、この石鹸はph5.5。これは健康な人間の皮膚のph値「4.5~6」と近い値です。このようにボディソープの成分を「やや酸性」にすると、肌の皮脂膜に負担をかけずにすみ肌本来のバリア機能を損なうことなくしっかり汚れを落とすことができるのです。ボディソープの多くはアルカリ性ですから、こうした製品は希少と言えるでしょう。

XBORDERで詳細を見る

10.Puracy/Natural Body Wash Citrus&Sea Salt



アメリカの医師監修のもとで開発されたというすべての肌タイプの人が使えるボディソープです。植物由来かつノンケミカル処方で敏感肌やアトピー肌の人でも使うことができます。赤ちゃんやペットが誤飲しても大丈夫だというのですから驚きですね。(もちろん十分に気をつけなければいけませんが)ココナッツベースのシャワージェルは泡立ちがよく、クリーミーな泡で全身を贅沢に洗うことができます。配合されているピンクの海塩が肌の調子を整えながら肌質を改善してくれるのも嬉しいですね。

XBORDERで詳細を見る

まとめ


自分が使ってみたいボディソープは見つかりましたか?
日用品はドラッグストアで購入する方が多いかと思いますが、ちょっと試してみたい商品や長く愛用している商品はインターネットで購入したほうが以外と安く手に入れられることがあります。もし気になるものがあったら、セールを機に使ってみてくださいね!

関連記事

  1. 購入前に要チェック!海外でおすすめのおしゃぶり8選
  2. 筆箱の特徴や選び方とは?おすすめ商品10選
  3. カードゲームを選ぶときのポイントは?国内外おすすめ商品10選
  4. 一人暮らしの節約術!油を使いまわせるオイルポットおすすめ10選
  5. 猫と新しいおもちゃで遊びたい!人気の猫のおもちゃ特集
  6. エスプレッソマシンの失敗しない選び方は?海外製おすすめ8選
  7. あると便利なおすすめ工具8選
  8. 産後のママを助ける便利アイテム!おすすめ骨盤ベルトランキング

ピックアップ記事

PAGE TOP