家電・カメラ・AV機器

安心な対策をしておこう!おすすめの防犯カメラ10選

家庭用の防犯カメラといっても、機能はさまざまで高機能なもの程、高性能で高価になります。高価でも本格的な防犯をされたいという方は、セコムはALSOKなどセキュリティサービスの企業に相談されると思いますので、シンプルで比較的安価な防犯カメラをどう選んだらよいか考えていくのが良いかと想います。

設置場所は屋内か屋外か

・屋内

屋内に設置する場合、家具などで映像が遮られないよう、広角で撮影できるカメラを選ぶ必要が有ります。屋内用ということで商品を探していけば、この部分は考慮されていますが、レンズの性能と価格は比例してくる部分もあるので、どれくらいの性能のものを選ぶかがポイントとなってきます。

 また、室内に設置する場合は、配線の問題があります。景観を気にされる場合は、電源コードや有線LANがないものが良いと思いますが、電池交換の手間や通信の安定性とトレードオフになりますので、注意して判断していただきたいと思います。

・屋外

屋外に設置する場合、まずはカメラの耐久性を考えましょう。風雨にさらされることを前提に、防水・防塵・防サビは押さえておくようにしましょう。屋外カメラを設置することで、防犯の抑止効果がありますので、カメラは目立つところにあっても構いません。

 夜間の暗がりは、一般的に赤外線を利用して撮影するものがおすすめですので、チェックしましょう。また、映像をどこに録画するかによって、配線の取り回しが必要になるため、どのような配線が必要か確認し、現実的に設置可能かもチェックしていきましょう。

屋内用カメラTOP5!

・Wyze(ワイズ) カメラ1080p




WyzeCamは、iOSとAndroidにて用意されている専用のWyzeアプリを使用して、昼夜問わず、スマートフォンに高速でクリアなライブストリーミング映像を配信します。 音声と映像が録画されているビデオを最大14日間無料で視聴することができます。
さらに、別売りのmicroSDカードを追加することで、連続録画を有効にしたり、双方向オーディオを使用して会話する機能もあります。Wyzeアプリでは、複数のカメラを管理、そしてその映像を見ることができ、他のユーザーと映像を共有したり、スマートフォンに保存することもできます。小さなサイズで安価な防犯カメラですので、まずは導入してみようという方には非常におすすめです。

・YI(ワイ)ドームカメラ




720ピクセルの高精細、広角で先進的なガラスレンズとを用い、360度の撮影を可能にしているYI(ワイ)の防犯カメラ。暗がりでの撮影を可能にしているアドバンスドナイトビジョンは、赤外線LEDビーズを内蔵しています。
光の混入がない暗がりでも3メートルまでの撮影が可能なので、赤ちゃんやペットは電気をつけない部屋で、ゆっくりと就寝することができます。10秒のモーショントラッキングセンサーは、動く物体に反応し、カメラは自動で視認した物体をフォーカスし、撮影します。こちらも安価な製品なので試しやすいです。

・アマゾンクラウドカメラ



アマゾンが開発している防犯カメラのため、Fire TV、Fire Tablet、Echo Show、またはEcho Spotにカメラのライブビューを表示して、Alexaにたずねるだけで、別の部屋で何が起こっているかを簡単に確認できます。 また、これらのデバイスとクラウドカメラの双方向オーディオを使って、会話をすることもできます。


 例えば、部屋に利禹子供たちに夕食の時間を知らせることなどが簡単にできます。アマゾンは、撮影された映像をクラウドに保存していますが、視聴可能期間に応じた4つのプランを用意しています。24時間前までの映像は、無料プランでも見ることができますが、7日・14日・30日と視聴期間に応じた有料プランも用意しています。

・Amcrest(アムクレスト) ワイファイカメラ




Amcrest(アムクレスト)のWifi室内用防犯カメラは、愛する人の安全確保に役立ちます。 PTZ、ナイトビジョン、モーションアラートなど複数の機能が搭載されています。 アムクレストビュープロという機能を使用すると、カメラを通して何かしらの動きが検出されたときに、ショートメールとEメールで通知を受け取ることができます。

 Wi-Fiカメラは、無線帯域を使用してオーディオおよびビデオ信号を受信機に送信するセキュリティカメラです。そのため長いビデオケーブルやオーディオケーブルを使用したくない人にはおすすめです。

・Foscam(フォスカム)ホームセキュリティカメラ



家族や子供、ペット、またはビジネスの安全を確保するために、Foscam(フォスカム)は高い技術を提供しています。フルHDの1080ピクセルという解像度で、鮮明な映像を映し出すことに成功しています。

 スケジューリング機能や、強力なモーショントリガーを使って、監視場所で何が起こっているかをリアルタイムで監視したり、録画をすることができます。撮り逃しはありません。直近8時間までは、無料でクラウドに保存された映像を視聴することができ、HDDレコーダー、SDカードなど様々なメディアへの録画もできる優れものです。

屋外用カメラTOP5!

・Zmodo ワイヤレスカメラ



 Zmodoワイヤレス屋外カメラは、耐熱/耐寒性に優れるため、屋外・屋内どちらにも設置できます。映像は、インターネットブラウザまたは専用のZmodoアプリからストリーミング再生が可能です。

 モーションが写り込んだ場合は、アラートがあがるように設定することができますので、外出先でも素早くビデオ再生ができます。

 赤外線とIRカットを装備したカメラは、日が落ちて暗くなってきた際には、白黒の夜間視界のビューに自動的に切り替わり、品質の良い映像をみることができます。4点セットで様々なところに設置できる点もおすすめです。

・YI アウトドアセキュリティカメラ




 YI屋外カメラは、屋外の監視に優れた高画質なカメラです。鮮明な画像を記録し、安全性と信頼性を提供できる製品です。焦点距離3.9mmの110°広角レンズは、鮮やかな画像で理想的な映像を提供し、付属のユニバーサルボールマウントを使用して、より広角に撮影できるようカメラを調整できます。

 12個の赤外線LEDは、最大15メートルの距離から、優れた夜間映像を提供できるものです。必要なときにのみ、あなたのスマートフォンに直接アラートを送る設定ができます。

・SV3C ワイヤレスカメラ




 このwifiカメラは最新のWi-Fi機能を搭載しているため、Wi-Fiを簡単に設定でき、より安定したWi-Fi接続が可能です。あなたが家にいないときは、スマートフォンに警告を出したり、動きが検出されたときは、電子メールにスナップショットを送信したりすることができます。

 また、Micro SDカードへのビデオ録画機能もあります。アルミニウムケース付きのwifiカメラなのため、暴風雨や雪などの荒天にも耐えるだけの強度を備えています。屋内・屋外の両方で使える製品です。

・WALI(ワリ)ダミーカメラ




 屋外の人が見えるところにカメラが設置されていると、犯罪の抑止力として機能します。こちらのカメラは、このような抑止力を目的としたフェイクカメラです。実際のカメラやアクティベーションライトと高い類似性を持つもので、エレガントで現代的なデザインのため、非常に人気があります。

 付属のネジを使用して天井や壁に素早く簡単に取り付けることができます。 配線は不要です。 2本の単三電池が動作し、本物のカメラのような動きをします。価格も非常にお手頃のため、本物のカメラを設置しつつ、こちらをその他の場所に設置するという使い方もできます。

・Amcrest(アームクレスト)2Kカメラ




 あなたがセキュリティカメラに望むあらゆる機能を持っているAmcrest(アームクレスト)の製品です。モーション検知、夜間撮影、あらゆる天候への耐性、4時間の無料クラウドストレージ、その他多くの機能を備えています。

 専用のAmcrest Viewアプリは、iOS/Androidともに用意されており、このアプリを通して、簡単なWi-Fi設定ができ、スマートフォン、タブレット、PCをはじめとしたあらゆるデバイスでビデオ再生が可能です。

まとめ

屋内・屋外に分けて防犯カメラを紹介してきました。最近の防犯カメラは、撮影している動画をアプリなどで簡単に視聴でき、安価なモデルも多いので、まだ防犯カメラを利用していない人にもおすすめです。この機会に導入の検討をしてみてください。

関連記事

  1. 映画に!ニュースに!テレビが変わる人気シアターバーランキング
  2. スチームアイロンの選び方とおすすめ商品9選!
  3. 2人で!大勢で!楽しめるおすすめホットプレートランキング
  4. この夏のを快適に!快適な冷風機の選び方とおすすめ商品ランキング
  5. ヘッドセットとヘッドホンの違いを解説!海外で人気おすすめ8選
  6. 寒い冬におすすめの電気ストーブランキング 【2018年度決定版】…
  7. コーヒー文化が根付いているおすすめ海外コーヒーメーカー10選
  8. ダンディーな男性をめざす!メンズシェーバーのおすすめ人気ランキン…

ピックアップ記事

PAGE TOP