家電・カメラ・AV機器

芝刈り機のおすすめ8選!知識がなくても1番良い製品を選ぶ方法

芝刈り機には、自分で押して芝刈りをする手動式や、自動で簡単に芝刈りができる電動式などの機能性が様々や、芝を刈ってくれる刃のタイプなども色々と考えながら、自分に合った芝刈り機を選ばなければいけません。

今回ははじめて芝刈り機を購入される方でも、わかりやすいように芝刈り機の種類から芝の仕上がりが変わる刃の選び方まで、あなたに合った芝刈り機が見つかるようにご紹介していきます。

また、それぞれのおすすめの厳選して紹介していくのできっとあなたに合った製品が見つけられるはず。さっそく、芝刈り機の種類から見ていきましょう。

初心者の芝刈り機の選び方

芝刈り機には、芝刈りの頻度や芝生の面積によって必要な機能性が違ってきます。動力の部分では以下の3つがあるので、それぞれ確認していきましょう。

芝刈り機の動力の種類


手動式

5坪から30坪くらいの芝刈りであれば、手動式の芝刈りがおすすめです。逆に30平米以上になってしまうと手動では時間がかかってしまうため、電動式がおすすめです。目安として手動式で30坪くらいを芝刈りした場合は、1時間前後で綺麗に刈り上げることができます。

電動式

30坪を超える庭を芝刈りする場合は、電動式の芝刈り機がおすすめです。芝を刈る際に騒音が発生してしまうので、注意が必要ですが手動式に比べて早く、楽に作業をすることができます。

エンジン式

100平米以上の庭の手入れを個人でされる方は少ないとは思いますが、エンジン式の芝刈り機は1度に刈り取ることの面積が広く、広範囲の芝をスピーディーに処理することができます。動力の他に芝刈り機を選ぶ際に大切になってくるのが刃の種類です。芝刈り機の刃は、「リール式」と「ロータリー式」の2つがあります。

刈り取り方式


ロータリー式

ロータリー式は伸び切った芝生でも簡単に刈り取ることができ、メンテナンスも刃を変えるだけなので手入れもしやすいのが特徴です。しかし、切れ味が悪く芝を痛めやすいので、見栄えに拘りのある方にはおすすめできません。単に伸びた芝を早く処理したい方におすすめです。

リール式

リール式は芝を短く切ることができ、芝刈りの仕上がりも綺麗にできるのが特徴です。ガーデニングなど庭に拘りのある方にはおすすめ。しかし、その分製品価格が高かったり、メンテナンスがロータリー式に比べると手間がかかるので自分の用途になったものを選びましょう。

この点を押さえて芝刈り機を購入すれば、快適に芝刈りができるものを選ぶことができます。ここからはそれぞれの機種の中でも特におすすめの製品を紹介していきます。

手動式のおすすめ商品

手動式には刈った芝を前に集めるタイプと後ろに集めるタイプがあります。後ろに集めるタイプは、本体の前が見やすく凸凹とした複雑な地面でも確認しながら芝刈りができるので刈りやすいのが特徴です。

また庭に置いてある岩や家の壁ギリギリまで芝を刈ることができます。ただし、後ろに芝をためておくキャプチャーという置き場が来てしまうので、足元のスペースが狭く、少し作業がやりにくいのが難点です。

また、前にキャプチャーがある機種の方が刈った芝が入りやすく、刈った芝を残さず回収してくれるというメリットがあります。基本的には前にキャプチャーが付いている製品がおすすめですが、庭の状態に合わせて選んで頂くのがおすすめです。

IFUDO 草刈/芝刈り機「ラク刈る」PRO

後ろにキャプチャーがあるので、庭の側面ギリギリまで芝を刈ることができるのは嬉しいポイント。また、回転刃にはリール式5枚刃を採用しているので、パワフルに芝を刈り取ってくれます。4段階から芝のカット高も選ぶことができるので使い勝手も抜群です。


刃の方式
リール式
刈幅
20cm
刈込高
1.5、2.5、3.5、4cm


山善(YAMAZEN) 芝刈り機 刈る刈るモア 刈込幅200mm KKM-200

高剛性のダブルステーを採用しているので正確な刃の調節を持続して行うことができ、長く芝刈り機として使うことができます。前にキャプチャーが付いているので、刈った芝も効率よくキャッチしてくれます。長く愛用できる芝刈り機をお探しの方におすすめです。


刃の方式
リール式
刈幅
20cm
刈込高
1.0、1.6、2.3、3.0、3.6cm


ゴールデンスター 無調整手動式芝刈機 ナイスバーディーモアー GSB-2000N

手動式の芝刈り機としては少しお値段が高めですが、その分、安心・安全の日本製で高性能は製品です。また、通常のリール式では刃の隙間を調整しないとうまく芝刈りできませんが、こちらはTKK方式を採用しているのでそういった手間もなく、すぐに芝刈りを始めることができます。

芝を楽に綺麗に仕上げたい方におすすめの芝刈り機です。


刃の方式
リール式
刈幅
20cm
刈込高
1、1.5、2、2.5cm


手動の芝刈り機は電動式に比べ、メンテナンスが簡単なものも多いので、30坪程度の庭の広さであれば手動式をおすすめします。



電動式の人気芝刈り機

電動式の芝刈り機は、電源が確保できる場合とできない場合でコード式のものを購入するか、コードレスタイプの芝刈り機にするか決める必要があります。

また、庭の大きさによって持続稼働時間を確認する必要がありますので注意が必要です。その点を踏まえ電動式の芝刈り機を確認していきましょう。

高儀 EARTH MAN 18V 充電式 2WAYグラストリマー GGT-180LiA

コードレスタイプで場所を選ばず芝を刈ることができ、リチウムイオン電池なので1時間で充電を満タンにすることができるので非常に使い勝手のいい芝刈り機です。1.8kgと軽く女性でも楽に作業することのできる製品です。


重量
1.8kg
電源
コードレス
運転時間
約35分
サイズ
長さ960mm(1260)、幅220mm、高さ800mm(1040mm)


リョービ(RYOBI) 電子芝刈機 リール式 LM-2810 刈込幅280mm 693703A

スピーディーかつ芝を傷めないリール式なので、庭の芝を綺麗に保ちたい方におすすめの芝刈り機です。ロータリー式と比べてしまうと高価になってしまいますが、その分性能も高い製品です。


刃の方式
リール式
刈幅
2.8cm
刈込高
0.5~5cm


日立工機 芝刈り機

静音モードにより低騒音で芝を刈ることができるので、近隣の方へも配慮しながら芝を刈ることができる製品です。また、壁際15mmまで刈り取ることができ、庭の隅々まで綺麗に刈り取ることができます。庭の隅々まで使い勝手のいい芝刈り機をお探しの方のおすすめです。


刃の方式
ロータリー式
刈幅
1.5cm
刈込高
0.1、0.15、0.2、0.25、0.3cm


おすすめのエンジン芝刈り機

よっぽど広い庭を手入れする方や、業者の方以外があまり使うことがないかと思いますが、広い敷地でもあっという間に仕上げることができるのでエンジン式の芝刈り機です。ここでは特に購入しやすいコスパの高い製品を紹介していきます。

Dream Link 手動式エンジン芝刈り機3.5馬力

3.5馬力とパワフルな動力で、広範囲の芝もラクラクと刈り上げることができるエンジン芝刈り機。刈幅が460mmと広いので庭の往復回数も少なくて済みます。本体の刃も特注で生産された高性能なもので均一にムラ無く刈り取ることができます。


作動
ガソリンエンジン(4サイクル)
刈幅
460mm
刈高
20mm~80mm
馬力
3.5馬力
排気量
125CC


ミナトワークス 自走式エンジン芝刈り機

米国コーラー社の強力な3.5HPエンジンを搭載した最新の芝刈り機。自走式なので力もほとんど必要ないので、女性にもおすすめの製品です。集草のバッグも70Lと大容量で使い勝手のいい芝刈り機です。


刈取り幅
460mm
刈取り高
8段階切替 [25~80mm]
集草バッグの容量
70L
排気量
149cc
走行方式
自走式


まとめ

ここまでおすすめの芝刈り機を紹介していきましたがいかかでしたでしょうか?芝刈り機によっては、使いづらい、メンテナンスが面倒な製品も多くあり慎重に購入して頂くのがおすすめです。機能性を比べ、あなたに合った製品を見つけて頂ければ幸いです。

関連記事

  1. 初心者に人気、おすすめのホットサンドメーカー厳選10選!
  2. 安心な対策をしておこう!おすすめの防犯カメラ10選
  3. ウーファーとサブウーファーの違いは?選ぶコツとおすすめ8選
  4. ダンディーな男性をめざす!メンズシェーバーのおすすめ人気ランキン…
  5. 料理の幅を広げてくれるおすすめのフードプロセッサー
  6. 意外と種類によって特徴が違う!?海外で人気のおすすめ扇風機7選
  7. ノンフライヤーのおすすめ商品10選!基本知識から選び方まで解説!…
  8. オーブントースター人気おすすめランキング【2018年度決定版】 …

ピックアップ記事

PAGE TOP