家電・カメラ・AV機器

電気代に注意?【2018年版】おすすめオイルヒーターランキング

寒い季節、エアコンを付けると乾燥が気になっていませんか?エアコンの暖房機能は便利ではありますが、乾燥の他にも音が気になるなどのデメリットもあります。

「火を使うストーブはなんとなく不安」「子どもやペットがいるので、安心して使いたい」「夜も付けたまま就寝したい」などの目的をお持ちの人には、オイルヒーターがおすすめです。

オイルヒーターは、エアコンやファンヒーターなどと比べると乾燥も少なく、火を使わないので、火傷などの事故の心配も最小限に抑えることができます。また、空気を汚さないので換気も不要です。さらに、音も静かなので、就寝時にも快適に使うことができるのも魅力的ですね。

そんなオイルヒーターの唯一のデメリットが「電気代が高い!」ということです。今回は、そんなオイルヒーターの選ぶ時に注意したいことから、おすすめの製品まで厳選して紹介していきます。さっそく、選び方のポイントから押さえていきましょう。

オイルヒーターのメリット

オイルヒーターの基本的な仕組みは、密閉された容器内にあるオイルを、電気の力を使って暖め、その熱をパネル(フィン)を通して拡散させるというものです。密閉されたオイルを暖めるので、空気を汚さずに、部屋全体を柔らかな暖かさで包んでくれるのが特徴です。

確かに火を使う灯油ストーブなどは、暖かさの面ではとても優秀ですが、やはり安全性が気になるところです。特に、小さい子どもやペットを飼っている家だと心配ですよね。オイルヒーターは火を使わないので、安心して設置することができます。また、換気の必要がないので、夜間も安心して使えること、温風を出すヒーターに比べて、乾燥しにくいので喉を痛めにくいというメリットがあります。喉を痛めやすい人や肌の乾燥が気になる人は、エアコンやファンヒーターなどの、温風が直接出てくるタイプは避けた方がよいでしょう。

そんなオイルヒーターの唯一のデメリットは部屋を温めるのに時間がかかるということです。その分一度暖まると冷えにくいので、長時間滞在するようなリビングや、寝室に向いているといえるでしょう。

購入前のチェックポイント

他の暖房機器に比べて安心して使えるオイルヒーターは、子どもやペットがいる家庭、高齢者の方にもおすすめです。しかし、オイルヒーターは電気代が高いことで有名です。その他にも購入前に確認したいポイントを詳しく見ていきましょう。

オイルヒーターの性能

オイルヒーターは風が通りにくく、断熱性の高い建物に向いています。そのため、風通りが良い木造よりも断熱性の高いコンクリートの建物の方が部屋が暖まりやすいです。木造住宅にお住まいの場合は、対象の部屋の大きさが大きめのタイプを選ぶとよいでしょう。

フィンとは?

オイルヒーターにはフィンと呼ばれる放熱板があります。このフィンの面積が大きく多いほど暖める能力は上がっていきます。そのため、コンパクトでも広い部屋を暖められる製品はフィンが高温になる製品もあります。子供の安全を考えてオイルヒーターを選ぶ際には、フィンの最高温度も確認しておきましょう。

電気代

オイルヒーターを購入する際にもっとも注意が必要なのが電気代です。電気代は機器のワット数によって計算されます。それぞれのメーカーがワット数などから提示しているので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

一例で、デロンギの公式サイトを見てみると、10畳の部屋を20℃に設定をした場合は、1時間に14円~18.2円となっています。つまり、1日12時間稼働させると1ヶ月の電気代は、約5208円~6770円になってしまうんです。もちろん動作時間、外気温の影響も受けるので、この通りではないと思いますが参考までに知っておくと安心です。

最新機種、上位機種であれば、室温に合わせて無駄のない温め方をしてくれる製品もあります。省エネが気になる人は、このような高性能機種も検討してみてください。

子ども、ペットがいる場合

オイルヒーターはストーブの中でも安全とは言われていますが、それでも子どもやペットは、予想外の行動をすることがあります。触ったときの熱さだけではなく、コードを引っかけてしまったり、遊んでいて本体を倒してしまうなどの危険もあります。

より安心して使いたいときは、表面温度が低めの製品、転倒防止などの安全装置がしっかりとしているオイルヒーターを選び、コードを壁に沿わせる、ストーブガードを設置するなども検討してみるとよいでしょう。

寝室や一人暮らしにおすすめのオイルヒーターランキングを見る
リビング、10畳以上の部屋に最適のランキングを見る

寝室や一人暮らしにおすすめのオイルヒーターランキング

5位 ユーレックス オイルヒーター LFシリーズ アイボリーホワイト LF8BS-IW

参考価格24,343円
サイズ(長さ:幅:高さ)410×205×620mm
暖房目安3~8畳
消費電力1200W/700W/500W
※参考価格は変わっている可能性があります。

シンプルかつ簡単操作が魅力な一台。面倒な設定は必要なく、オンかオフを選ぶだけです。最大24時間のオンタイマーとオフタイマー付きなので就寝時にも便利です。転倒時電源自動オフや、チャイルドロックの他にも安全に考慮した機能が用意されているので安心して使うことができます。

4位 デロンギ オイルヒーター ミニL字型フィン5枚 NJM0505

参考価格11,154円
サイズ(長さ:幅:高さ)375×175×385mm
暖房目安1~3畳
消費電力500W
※参考価格は変わっている可能性があります。

脱衣所、トイレなどにもおすすめな小型で軽量なボディです。平均表面温度は約70℃。放熱面積を従来型と比べて1.4倍に拡大した「ミニL字型フィン」を取り入れて、フィン間の幅も4センチとコンパクトな設計です。

3位 アイリスオーヤマ オイルヒーター ウェーブ メカ式 IWH-1210K-W

参考価格11,200円
サイズ(長さ:幅:高さ)495×256×635mm
暖房目安8畳
消費電力1200W/700W/500W
※参考価格は変わっている可能性があります。

ウェーブ状に配置したフィンは、従来のストレートな形状に比べて、約10パーセントの表面積アップに成功しました。見た目にも美しい、機能美あふれるデザインです。ワット数は3段階、暖かさもダイヤルで微調整することができます。

2位 アイリスオーヤマ ミニ オイルヒーター POH-505K-W

参考価格3,480円
サイズ(長さ:幅:高さ)375×175×385mm
暖房目安3.3畳
消費電力500W
※参考価格は変わっている可能性があります。

コンパクトなサイズは、脱衣所に設置してヒートショック対策にもおすすめです。転倒時電源オフ機能、温度の上がりすぎを防ぐサーモスタッド機能など、安全機能はそのままに、手軽なサイズになった一台です。

1位 ユーレックス ミニオイルヒーター eureks-iシリーズ ホワイト VF-M7U-W

参考価格12,417円
サイズ(長さ:幅:高さ)380×150×370mm
暖房目安1~3畳
消費電力500W
※参考価格は変わっている可能性があります。

小さくてもパワフルなミニオイルヒーターです。上面に設置したダイヤルは、立ったままでも快適な操作が可能です。フィンガード、転倒時電源自動オフ、異常運転時自動オフなど安全機能もばっちりです。シンプルで無駄がないデザインは、どんな場所でも馴染んでくれるのも嬉しいですね。

リビング、10畳以上の部屋に最適のランキング

5位 デロンギ オイルヒーター アミカルド RHJ35M0812-DG

参考価格29,340円
サイズ(長さ:幅:高さ)430×260×650mm
暖房目安8~10畳
消費電力1200W/700W/500W
※参考価格は変わっている可能性があります。

フィンには、従来の約1.4倍の面積を持つ「新L字型フラットフィン」を採用。エコ運転モードでは、設定温度に合わせて最適な電力レベルを選択してくれます。二つの回転式ノブを操作して、暖かさやタイマーを直感的に操作することができます。設定した時間に、オンにする、オフにする便利で簡単なタイマー付きです。

4位 デロンギ オイルヒーター サーマルカットフィン8枚 HJ0812

参考価格18,120円
サイズ(長さ:幅:高さ)420×260×640mm
暖房目安10畳
消費電力1200W/700W/500W
※参考価格は変わっている可能性があります。

消費電力を3段階で切り替えができるタイプです。シンプル操作なので、機械が苦手な人でも使いやすい設計です。24時間、15分刻みで設定できるタイマーが便利です。折りたたみ式キャスターで移動も簡単なので、女性や年配の方が使うのにも嬉しいですね。

3位 ユーレックス オイルヒーター LFXシリーズ アイボリーホワイト LFX11EH-IW

参考価格37,105円
サイズ(長さ:幅:高さ)530×205×620mm
暖房目安4~10畳
消費電力1500W/900W/600W
※参考価格は変わっている可能性があります。

大型LCD表示パネルで、操作性、視認性にも優れています。ユーレックスが特許を取得しているマイタイマーを搭載。マイタイマーとは、24時間を1時間ごとに温度管理ができる便利でエコなシステムです。動作状況が遠くからでも一目でわかるLEDライトなど、使い勝手もにも考慮した機能が満載。もちろん、転倒時の電源自動オフ、過熱運転時の自動電源オフ、落雷の際のショートを防ぐ機能など、安全面にも配慮した機能にもこだわっています。

2位 デロンギ ベルカルド オイルヒーター RHJ75V0915-GY

参考価格45,580円
サイズ(長さ:幅:高さ)535×300×680mm
暖房目安10~13畳
消費電力1500W/900W/600W
※参考価格は変わっている可能性があります。

「ECO運転モード」と「24時間タイマー」で、旧ヒーターよりも電気代を58パーセントカットすることに成功しました。平均表面温度は約60℃、隙間に指が入りにくい構造、キャスターロックなど、こどもやペットにも配慮した上位機種です。別売りのトップハンガーを装着すれば、衣類を乾かすこともできるのでとても便利です。

1位 デロンギ オイルヒーター ユニカルド RHJ65L0915

参考価格42,100円
サイズ(長さ:幅:高さ)560×300×680mm
暖房目安10~13畳
消費電力1500W/900W/600W
※参考価格は変わっている可能性があります。

フィンの形は、幅広X字型フィンを採用。触れてもやけどしにくい平均表面温度約60℃です。ECOボタンを押すだけで、電気代を20パーセント減できるのも魅力です。クリックノブは「回す」「押す」の二つの操作で複数の主要設定ができるので、ディスプレイを見たままダイレクトな操作も簡単です。

まとめ

オイルヒーターは、子どもやペットがいる部屋に優しいだけではなく、脱衣所を暖めたり、就寝時に使ったりと便利なヒーターです。目的に合わせて、ぴったりの一台を探してみてくださいね。

関連記事

  1. 海外で売れてるおすすめスピーカー7選。どんな種類があるの?
  2. 一人暮らしにおすすめの炊飯器は?コスパ・機能・おしゃれランキング…
  3. スライサーを選ぶポイントをご紹介!おすすめ商品10選
  4. 映画に!ニュースに!テレビが変わる人気シアターバーランキング
  5. 機能性も、価格も!マニアが本気でおすすめするスマホVRゴーグル1…
  6. この夏のを快適に!快適な冷風機の選び方とおすすめ商品ランキング
  7. 一升炊き炊飯器のおすすめランキング!選び方のポイントも解説
  8. 安心な対策をしておこう!おすすめの防犯カメラ10選

ピックアップ記事

PAGE TOP