家電・カメラ・AV機器

部屋別でおすすめの加湿器をご紹介!海外人気商品5選

加湿器というと乾燥する冬場に必要というイメージが強いですが、体調や美容のことを考えると日常的な利用もおすすめです。風邪菌などのウイルスは、空気が乾燥していると空中に舞いやすくなり、人の体内にも入りやすくなります。

 また、肌をキレイに保つためには、保湿が最も大事です。季節を問わず風邪をひきやすい人、肌トラブルにお悩みの人は、寝室に加湿器を置いておき、寝るときにセットして利用すれば、改善が見込める可能性が高いのです。加湿器にはいくつかのタイプがあるので、見ていきましょう。

加湿器は電気代・手入れの手間・加湿スピードを天秤にかけて選ぼう

加湿器には、加湿方式の違いにより4つのタイプがあります。

・気化式


水分を含ませたフィルターに風をあてることで、加湿する方式です。

電気代:加熱不要のため安価
手入れ:フィルター交換が定期的に必要
加湿スピード:時間がかかる


・スチーム式


電気でヒーターを加熱し、水を沸騰させ加湿をする方式です。

電気代:加熱するため最も高価
手入れ:手間なし(煮沸しているため衛生的)
加湿スピード:早い

・超音波式


超音波により水を振動させ、細かい粒子にして放出する加湿方式です。

電気代:加熱不要のため安価
手入れ:こまめな清掃が必要(ヒーター内蔵なら煮沸消毒されます)
加湿スピード:時間がかかる

・ハイブリッド式


気化式とスチーム式の両方を取り入れた加湿方式です。

電気代:加熱をするため、スチーム式と同様高価
手入れ:フィルター交換が定期的に必要
加湿スピード:早い

選び方のまとめ

1電気代を安くしたいなら「気化式」か「超音波式」


フィルターを変えたり、お掃除は必要になりますが、月数百円程度と経済的なモデルです。定期的に掃除をするキレイ好きな人、マメな人にはおすすめです。

2手入れを楽にしたいなら「スチーム式」


スチーム式は、水を沸騰させることによる消毒効果があるため、雑菌の心配が他のモデルに比べると低くなります。

3加湿スピードにこだわるなら「スチーム式」か「ハイブリッド式」


すぐに加湿したい方には、電源を入れるとすぐ水を温められるヒーター付きのモデルがおすすめです。

加湿方式をまとめてみましたが、方向性は固まりましたか?
ここからは、お部屋の広さに分けて、Xボーダーバイヤーチームが選んだおすすめ加湿器をご紹介していきます。国内だとバルミューダなどデザインが良いものは、限られてしまいますので、海外の加湿器もぜひチェックしてみてください。

寝室など小さめな部屋におすすめなモデル3選

・LEDディスプレイが目をひくOPOLARのおしゃれな加湿器【超音波式】



白物家電感をぬぐえない日本の加湿器に比べると、デジタル時計やスピーカーのように見えるOPOLAR(オポラール)の製品。最大26時間の連続稼働。タッチ式のLEDディスプレイで、低、中、高の3つのミストモードを選ぶことができます。

 内部にある消音器により、睡眠中に35dB以下の騒音を実現している点も嬉しいですね。ディスプレイで室内の湿度が一目瞭然、インテリアとして置きたくなる加湿器です。

・水滴のようなかわいいフォルムが人気のVAVA、デフィーザーとしても活躍【超音波式】



 木目調にシンプルロゴが美しいVAVAの水滴型加湿器。先ほどのデジタルな感じとはまた違った落ち着いたデザインの良さがあります。ウォールナットのテーブルやベッドにも合う雰囲気を持っています。

 2-in-1加湿器という点が、嬉しいポイントです。好きなエッセンシャルオイルを加湿器に入れて、加湿をしながらリラックスした雰囲気を味わうことができます。そのため、睡眠時以外の利用、例えば、勉強、ヨガ、仕事などの時にも利用できる製品です。

・キャンドルランタンのような雰囲気が美しいInnoGear【超音波式】




 ホテルリゾート内にありそうな外観のInnoGear(イノギアー)の加湿器。網目状のデザインがキャンドルランタンのようにインテリアに映えます。水の容量は500ml、高ミストモードでは最大8時間、低ミストモードでは12時間の保湿が可能です。

 7色から照明の色を選べ、それぞれの色は濃淡切り替えられるため、合計14色のムードライトを楽しむことができます。アロマオイルを入れてディフューザーとしても使えるおすすめモデルです。

リビングなど10畳以上の部屋におすすめなモデル2選

・クリアで円筒形がモダンなVicTsing




 メディカルストーンフィルターが付いているVic Tsing(ビックシング)の加湿器は、家全体の不純物や細菌をろ過し、空気を効率よくキレイにできる機器です。従来の加湿器とは異なり、ふたを開けずに水の継ぎ足しができますので、加湿中の補充も可能です。

 360度のミストノズルを保有しているため、全方向に加湿ができる点も魅力ですね。低/中/高とミストの高さ設定ができます。就寝中でも使えるように、35dBの低騒音を実現しています。寝室、オフィス、ベビールーム、いずれの空間でも利用できるものです。

・ブラッククリアな外観のTaoTronicsの加湿器


 TaoTronics(タオトロニクス)の家庭用加湿器は、乾燥した空気を湿らせるために水蒸気を放出する超音波式加湿器です。微生物が含まれた水と悪臭をろ過する微孔質セラミックカートリッジを使用しています。

 湿度はお望みのレベルに簡単に設定できます。超音波加湿器の中でも、非常に静かな製品ですので、眠るときなど、音を出したくない時の利用に最適です。 霧の量を制御しながら、20~25mまでの広さの部屋を加湿するように設計されていますので、広い部屋でも安心して使えます。満タンにして15時間使えるというのも嬉しいですね。

まとめ

海外の加湿器をはどうでしょうか?日本のものは白っぽいものが多いですが、ブラックなものが多く、インテリアとして邪魔にならないものが多いですよね。ぜひ海外製品も検討の一つにいれてみてください。

関連記事

  1. スライサーを選ぶポイントをご紹介!おすすめ商品10選
  2. アンプの役割を解説!海外で人気があるおすすめ8選
  3. ロボット掃除機 徹底比較おすすめ7選
  4. 眼鏡ユーザー専用!着用に最適なVRゴーグルはコレだ!
  5. 海外で売れてるおすすめスピーカー7選。どんな種類があるの?
  6. 選ぶポイントを解説!おすすめの海外製ミキサー10選
  7. 4K・フルHDの画質の違いは?海外でおすすめビデオカメラ6選
  8. 一人暮らしにおすすめの炊飯器は?コスパ・機能・おしゃれランキング…

ピックアップ記事

PAGE TOP