家電・カメラ・AV機器

選ぶポイントを解説!おすすめの海外製ミキサー10選

ミキサーは、野菜や果物などの「固形物を液体にする」ために利用される調理器具です。海外、英語圏では「ブレンダー」と呼びます。ジュースやスムージー、スープを日常的につくる人にオススメの調理家電です。

他の調理器具との違いとミキサーの選び方

他の調理器具との違い


・フードプロセッサーとの違い
フードプロセッサーで調理した食材は、ミキサーと比べると荒くなります。みじん切りやペースト状と考えてください。そのため、野菜や果物などが持っている食感を楽しむ調理にオススメです。離乳食などにも向いています。価格はミキサーに比べて安価です。

・ジューサーとの違い
ジューサーはその名の通り、ジュースをつくるために使用します。食材を粉砕し液状にするミキサーとは異なり、絞る機能を持っています。食材全ての成分や繊維を生かしたいという方には、ミキサーがおすすめです。

何をもとに選んだらよいか


・粉砕力(ワット数)で選ぶ
一般的なミキサーは180W(ワット)から900Wのものがあり、このワット数が大きいものほど、回転スピードが速いため、粉砕力が高くなります。

・容量で選ぶ
大小様々なサイズのものが発売されていますので、ご家族の人数や調理頻度から、一度に料理する容量を考えてサイズを選びましょう。

・静音性・お手入れのしやすさをチェック
ミキサーによって、粉砕時の音は変わります。また、日常的な利用を考慮して、食材を砕く刃や容器のお手入れがしやすいかもチェックしたいところです。

ここまでどうミキサーを選んでいけば良いか整理をしてきました。Xボーダーバイヤーチームが選んだ海外のオススメミキサーを紹介していきますので、あなたにベストなミキサーがあるかチェックしてみてくださいね。

海外おすすめミキサー10選

・Magic Bullet(マジックバレット)ブレンダー



なんと4000万の販売実績を持つMagic Bullet(マジックバレット)のミキサー、最大限のスピードと多機能性を持ち、その小さな形状でスペースもとりません。

10秒で調理の下準備が完了できるとこのスピードの秘密は、特別に設計されたブレード(刃)とユニークな容器の形にあります。また、11点のキットおよびレシピブックがついているため、幅広い調理に活用できます。

食洗機で付属品など全て洗えるため、お手入れも簡単、大変人気な商品です。

・NutriBullet(ニュートリバレット) ハイスピードブレンダー



NutriBullet(ニュートリバレット) システムは、健康で栄養価の高い飲み物を作り、病気を予防し、体重を減らし、関節の痛みを和らげ、健康で若い肌を促進し、長生きに役立つ最高の製品です。

このシステムは、サイクロン作用を持つ600ワットのモーターと特許取得ブレードを使用するNutriBullet独自の抽出技術に支えられています。この技術によって、カラダに重要な栄養素の大部分が存在する茎、種子、皮を分解して粉砕します。

あなたの好きな果物や野菜、ナッツやハーブを入れ、健康やアンチエイジングを実現するために、人気のミキサーです。

・Ninja Professional(ニンジャプロフェッショナル)



Ninja Professional(ニンジャプロフェッショナル)のミキサーは、プロフェッショナル利用に耐える1000ワットという高い粉砕力が魅力の製品です。洗練されたデザインも人気の理由です。

Ninja Total Crushingと呼ばれるブレード(刃)は、砕氷、ブレンド、ピューレをはじめ様々な処理を実現します。最大2リットルの容量で、家族全員のドリンクやスムージーを作ることができます。 すべての部品は、食器洗い機で安全に洗えるため、お手入れも簡単です。

・KitchenAid(キッチンエイド)3スピードハンドブレンダー



米国で1919年に誕生したKitchenAid(キッチンエイド)、世界中で確かな信頼をもつブランドとして愛されています。こちらの3スピードハンドブレンダーは、混ぜ合わせ、粉砕、チョップ、ピューレ、泡立てと様々な用途に利用できます。

食材に適した速度を選択するだけで調理可能です。チョッパーを取り付けることで、硬いチーズやナッツをペースト状にすることもできます。付属の泡立て器は、卵白をふんわりとクリーム状にする際に活躍します。

・BLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー)クラッシュマスター



550ワットの回転スピードを持つBLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー)のミキサーです。プラスチック製の1350mlの容器は、液体がこぼれにくい形状となっています。

5個の押しボタンで10段階のスピードで調理ができ、操作ボタンも非常にシンプルです。4枚の刃を持つブレードは、シンプルな作りながら、最適なバランスで食材を粉砕、効率良く混ぜあわせるのに効果を発揮します。

パーツは、フタと容器とブレードの3点のみなので、食洗機を使わなくてもお手入れが簡単です。

・Hamilton Beach(ハミルトンビート) パーソナルブレンダー



あなたが一人暮らしで、毎朝一人分のジュースやスムージーをつくれる商品をお探しなら、おすすめな商品です。朝の忙しいときに、この便利なブレンダーはシンプルなワンタッチ操作で、一人分の量をささっとつくることができます。

また、電源コードが本体に収納できるため、携帯用dとして利用できます。旅行や出張先でも毎日の栄養を摂りたい方にとっても、おすすめの商品です。ドリンクフードとレシピブックが付属しており、安価な点もお勧めです。

・Cuisinart(クイジナート) スマートスティック



このスマートスティックハンドブレンダーは、さまざまな基本的なタスクを処理するように設計されています。 シンプルでエレガントなデザインの中に、強力なモーターを搭載しています。便利なスティックタイプのデザインは、鍋、ボウル、またはピッチャー内の食材を粉砕することができます。

200ワットの強力なモーターは、スピードをハイとローの2段階にかえることができます。操作が非常に簡単で簡単で、清掃も素早くできるすぐれた製品です。安価な点も魅力です。

・Vitamix(バイタミクス) プログレード5300



ミキサー界のフェラーリと言われているバイタミクス、雑誌や店頭で目にしたこともあるのではないでしょうか。Vitamixは1921年にオハイオ州で誕生、プロ仕様の性能で料理人に、またご家庭で長く愛されているブランドです。

食材をさまざまな状態にするために、速度を簡単に調整できるダイヤルを搭載しています。また、ブレンドのどの時点でも回転スピードを調整することができるので、食材を思い通りにコントロールできます。

航空機でも利用されているグレードのステンレススチールをブレード部分に用い、食材を最初から最後まで均一に粉砕します。高価ながらも人気の理由は、この品質にあります。デザインもシンプルでカッコ良くおすすめです。

・XProject(Xプロジェクト) 4イン1ハンドブレンダー



パワフルで安定した800ワットの回転力を持つXProject(Xプロジェクト)のブレンダー、スタイリッシュなデザインはバイヤーチームでも一押しです。4イン1ということで、液化ブレンダー、500mlフードプロセッサー、600mlビーカー、泡立て器がセットになっています。

バナナアイスクリームを作ったり、野菜を細かく粉砕したり、ハムスのようなペースト状のものをつくったりなど、多くの作業に利用できる製品です。部品は、全て取り外しが可能で、食洗機にも対応しています。

・AmazonBasics(アマゾンベイシックス)



最後に紹介するのが、アマゾンが開発しているAmazonBasicsのブレンダー。他社の製品を研究し、価格をおさえた上で、必要な機能を提供しています。12段階に回転スピードを調整でき、アイスクリームやフルーツスムージーを素早くつくることに適しています。

1500mlという大容量のガラス瓶には、握りやすい取っ手があり、こぼれない注ぎ口があります。簡単に4つの部品に分解でき、お手入れも簡単、毎日の利用に適したモデルです。


まとめ


ジュースやスムージーを日常的に飲んでいるアメリカには、さまざまな用途の製品があり、信頼できるメーカーも多いです。国産のものとも比較しながら、製品を探してみてください。


関連記事

  1. おすすめホームシアターランキング9選!種類や機能を比較して選ぼう…
  2. 海外で人気のワイヤレススピーカー10選
  3. 4K・フルHDの画質の違いは?海外でおすすめビデオカメラ6選
  4. 一升炊き炊飯器のおすすめランキング!選び方のポイントも解説
  5. 歴代Xboxを比較!海外で人気ソフト&周辺機器8選をご…
  6. スマホ・PC用VRゴーグルのおすすめランキング!口コミやアプリも…
  7. 部屋別でおすすめの加湿器をご紹介!海外人気商品5選
  8. 安心な対策をしておこう!おすすめの防犯カメラ10選

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP