家電・カメラ・AV機器

この夏のを快適に!快適な冷風機の選び方とおすすめ商品ランキング

日本の夏が徐々に暑く、長くなっていることは言われるまでもなく、誰もが体感していることだと思います。事実、100年前と比べると東京都の平均気温は3度以上上昇しており、35度を越える猛暑日を見ることは珍しくありません。そんな季節に大活躍なのが、冷風機。冷風機のメリットはなんといっても、持ち運びができることです。

しかし、クーラーや扇風機とは異なり、使いたい場所や求める機能によって選び方が大きく違ってきてしまう家電でもあります。

今回はそんな冷風機の知っておきたい選び方から、口コミの評価が高いおすすめの製品をまとめて紹介していきます。是非、あなたのライフスタイルに合った最適の1台を見つけて快適な夏を過ごしましょう。ではさっそく、冷風機の選び方から見ていきましょう。

意外と曖昧な冷風機の知識と選び方

そもそも冷風機とは、冷風機はスポットクーラーやスポットエアコンとも呼ばれている、「持ち運び可能な小型クーラー」というイメージです。クーラーと同じく、部屋の空気を本体が吸い込み、本体内部で冷却し、冷風として部屋に返す、という仕組みです。

よく「冷風扇」と間違われるのですが、冷風扇は扇風機に近いもの。本体に水を入れるタンクが付いていて、そこに水や氷水を入れ、その水分を利用して冷風を送風するという仕組みです。

つまり、冷風扇は25度に設定して使うというものではなく、温度調節は水の温度次第ということになります。さらに冷風機には除湿機能が付いていますが、冷風扇にはありません。名前も製品の見た目も似ていますが、中身はまったく別のものですので間違えないよう注意しましょう。

冷風機とクーラーの違いは?

冷風機と仕組みは同じでも、クーラーと冷風機には1点大きな違いがあります。それは室外機です。一般的にクーラーは部屋の中に室内機があり、外に室外機があります。しかし冷風機はどちらも本体に付いています。

つまり、前から冷風が出ている一方で後ろからは暖かい風が出ています。もちろん冷風のほうが強いので、十分に部屋を涼しくすることは可能ですし、熱風も部屋や窓を開けて逃がすということも可能です。

クーラーの方が広い場所での利用に適しており、冷風機はどちらかと言うとクーラーが付いていない、付けるほどでもない空間での利用に適しています。もしくは、広すぎる場所でクーラーだけでは行き届かないようなところに持ち運んでの利用も効果的です。

今時、クーラーも安価で購入できるものが増えてきているので、冷風機と価格がさほど変わらない製品もありますが、取り付けや取り外しなどの手間も考えると、持ち運び可能な冷風機の方が生活環境によっては便利でしょう。

使われる場所と選び方のポイント

家庭内や職場、ガレージなど、コンセントがあればどこでも利用可能です。クーラーとは違い、卓上で使えるコンパクトタイプの製品も販売されています。それぞれ選び方のポイントをまとめます。

・家庭 

冷房性能は当然重要ですが、家庭用はスリムであること、静かであることが特に重要なポイントです。かさばってしまうようなサイズで重たければ、スポットクーラーとしての良さが半減しますし、寝るときに音が気になって睡眠妨害になるようでも困ります。持ち運びがしやすく、音が静かなものを選ぶことをおすすめします。

・業務 

業務用は家庭用とは逆に、多少音が気になっても冷房性能が強いものがおすすめです。使用する場所の広さにもよりますが、わりと広く、扉の開け閉めが多いような環境であれば、なおさらパワー重視が良いでしょう。

・卓上 

最近は卓上の加湿器をデスクに置いている人を多く見かけますが、それと同じようなイメージで、スペースを取らずに自分の周りだけもう少し冷やしたい、という時に便利なのが卓上用の冷風機です。会社の空調が涼しく感じられない時や、家の机に置いて勉強中に利用するのに最適なアイテムです。仕事中や勉強中の時の利用が多いことが想定されるので、コンパクトで冷風性能が高いものを選ぶのがおすすめです。


ここからは使う場所、ライフスタイルに合わせた「ガレージや冷房が付いていない部屋におすすめの冷風機」、「圧倒的なパワーで、空間を快適に職場で活躍する製品ランキング」、「仕事、勉強を快適にする冷風機ランキング」を紹介していきます。

ガレージや冷房が付いていない部屋におすすめの冷風機ランキング

冷房のない部屋や一軒家のガレージで大活躍の冷風機をまとめましたので是非、参考にしてください。

3位:トヨトミ(TOYOTOMI)衣類乾燥除湿冷風機「Air Neuve」

冷暖房製品の製造を行うトヨトミ社製の冷風機。Air Neuveのおすすめポイントは、コンパクト設計で、キャスター付きの持ち運びがラクラクできることです。

冷風能力も業界トップクラスのハイパワーで、間近に立っても頭から足先まで身体全体に冷風が行き届きます。衣類乾燥モードを搭載。夏場に限らず、オールシーズン利用可能です。

本体サイズ
幅:32.4cm×奥行:21.7cm×高さ:57.7cm
本体重量
12kg
おすすめ畳数
20畳
タンク容量
1.7リットル
参考価格
¥25,000
※参考価格は変わっている可能性があります。

2位:シャープ(SHARP)プラズマクラスター 冷風・衣類乾燥除湿機「コンビニクーラー」CV-U100C

大手電機メーカー、シャープ社製の冷風機。コンビニクーラーのおすすめポイントは、コンパクト設計、キャスター付きで持ち運びが簡単、そして静かなことです。さらにシャープの代名詞「プラズマクラスター」の技術が使われています。

プラズマクラスターとは、空中に浮遊しているカビ菌やウイルスを除去するシャープ独自の技術のこと。カビの抑制だけでなく、脱臭効果も実証されています。高性能ながらリーズナブルな点もおすすめのポイントです。

本体サイズ
幅:23.5cm×奥行:38cm×高さ:51.5cm
本体重量
14.5kg
おすすめ畳数
18畳
タンク容量
2.8リットル
参考価格
¥22,800
※参考価格は変わっている可能性があります。

1位:コロナ(CORONA)冷風・衣類乾燥除湿機「どこでもクーラー」

空調や暖房機器、住宅設備を製造するコロナ社製の冷風機。どこでもクーラーのおすすめポイントは、冷風、除湿、衣類乾燥のどれもがパワフルでありながら、低騒音設計であることです。

寝ている間も快適に利用できます。本体重量は重たいですが、キャスター付きなので持ち運びは簡単。タンク容量が5.8リットルと大容量で、他社製品と比べると倍以上の容量。面倒な水捨て回数が少なくてすむ点もおすすめです。

本体サイズ
幅:25cm×奥行:38.6cm×高さ:60cm
本体重量
13.6kg
おすすめ畳数
23畳
タンク容量
5.8リットル
参考価格
¥30,367
※参考価格は変わっている可能性があります。

圧倒的なパワーで、空間を快適に職場で活躍する製品ランキング

大容量かつハイパワーで人気の製品を集めました。価格もお手頃なものが多いのでおすすめです。

3位:エスケイジャパン 冷風機 SKJ-ST20

生活電化製品の設計、開発を行うエスケイジャパン社製の業務用冷風機。SKJ-ST20のおすすめポイントは、倉庫や作業場用に設計されており、パワフルな冷房性能であること。

そして、水タンクの水を本体内部で蒸発する「ノンドレイン式」なので、排水の手間がないのも魅力です。家庭用に比べると約倍の重量ですが、こちらもキャスター付きなので移動は便利です。

本体サイズ
幅:47.6cm×奥行:35.8cm×高さ:78cm
本体重量
24kg
参考価格¥72,800
※参考価格は変わっている可能性があります。

2位:トヨトミ(TOYOTOMI)スポット冷風機 TAD-2218

屋内、準屋内向けのスポット冷風機。TAD-2218のおすすめポイントは、コンパクトで家庭用のような見た目とは裏腹に、3位のSKJ-ST20と同レベルのパワフルな冷房性能であること。屋内と言っても小型店舗やガレージなどでの利用がおすすめです。

こちらも「ノンドレイン式」を採用しており、排水が不要です。着脱式のリモコンが付いている点も人気です。業務用としてはリーズナブルな点もおすすめです。

本体サイズ
幅:31.5cm×奥行:39.5cm×高さ:77cm
本体重量
24kg
参考価格¥49,800
※参考価格は変わっている可能性があります。

1位:ナカトミ排熱ダクト付き スポットクーラーN407

冷暖房機器の製造を行うナカトミ社製の業務用冷風機。スポットクーラーN407のおすすめポイントは、非常に強力な冷房性能を持っていること。ハイパワーですが電圧は100Vなので、どこのコンセントからでも繋げます。「ノンドレイン式」ではありませんが、ドレインホースが付いているので、タンクに溜めずにそのまま排水が可能。

重量は40kgとかなり重たいですが、キャスター付きなので同じレベル内での移動はラクラクです。業務用はパワーが最重要ということで、堂々の1位です。

本体サイズ
幅:40cm×奥行:43cm×高さ:82cm
本体重量
40kg
参考価格¥79,800
※参考価格は変わっている可能性があります。

仕事、勉強を快適にする冷風機ランキング

卓上サイズでは、冷風機と表記されているものも、よく見ると仕組みは「冷風扇」。仕組みは違っても、卓上サイズとして十分な冷風機能を備えているおすすめの3品を紹介します。

3位:Three-up(スリーアップ) RF-T1813WH

シンプルでスタイリッシュ、インテリアと調和するデザイン性を持った冷暖房機器を販売するスリーアップ社製の卓上サイズの冷風機器。RF-T1813WHのおすすめポイントは、まずデザイン性です。真っ白のキューブタイプで非常にシンプルな見た目はどのような環境にもすんなり馴染むデザイン。

風量は2段階調整可能です。インテリアにこだわる方に、特におすすめの商品です。

本体サイズ
幅:17.8cm×奥行:19cm×高さ:19.3cm
本体重量
1.2Kg
参考価格¥3,850
※参考価格は変わっている可能性があります。

2位:YNICESHOP MIN-FAN

MIN-FANのおすすめポイントは、非常にコンパクト設計であること、USBと電池のどちらでも利用可能なこと、香料をセットすることができるので、アロマ冷風機器としての利用が可能なところです。

冷風効果だけでなく、リラックスしたい時の利用もできるのは魅力です。スポンジを水に浸してセットするだけの簡単利用。小さなボディですが、卓上タイプとしては十分な風量です。グリーン、パープル、ブルーの3色から選べます。

本体サイズ
幅:14.9cm×奥行:12.8cm×高さ:12.9cm
本体重量
408g
参考価格¥1,600
※参考価格は変わっている可能性があります。

1位:COM-SHOT MI-COOL04

MI-COOL04のおすすめポイントは、圧倒的に小さく、軽く、そしてリーズナブルなところです。女性でも持ち運びに苦労することはまずありません。女性もののバッグであれば収納しやすく、持ち運びしやすいので、会社と家とそれぞれでの利用も容易です。

こちらもUSBもしくは電池のどちらでも利用可能。ファンが2つ付いていて、涼しさ2倍。さらに、それぞれのファンの風向きを変えられる点も人気のポイント。ピンク、オレンジ、グリーン、ブルーの4色から選べます。

本体サイズ
幅:11.6cm×奥行:10.9cm×高さ:13.6cm
本体重量400g
参考価格¥950
※参考価格は変わっている可能性があります。

まとめ

いかがでしたか?クーラーが欲しいけど設置は高額だし面倒、クーラーが故障したが引越し予定があるから修理するまでではない、といったクーラーに代わるなにかを探している人にとって冷風機はうってつけのアイテムです。

設置工事不要で値段も手ごろ、持ち運びも可能とメリットはたくさん。手に入れれば重宝すること間違いなしですよ。

関連記事

  1. 安心な対策をしておこう!おすすめの防犯カメラ10選
  2. 加湿器の選び方とおすすめ商品厳選紹介!
  3. ブルーレイプレイヤーの選び方を解説!おすすめ商品7選
  4. カメラを持って出かけよう。おすすめのカメラバック9選
  5. 初心者に人気、おすすめのホットサンドメーカー厳選10選!
  6. 簡単、便利な電気ケトル!目的別おすすめランキング
  7. どんな種類がある?おすすめのワイヤレスイヤホン7選
  8. アンプの役割を解説!海外で人気があるおすすめ8選

ピックアップ記事

PAGE TOP