家電・カメラ・AV機器

ブルーレイプレイヤーの選び方を解説!おすすめ商品7選

ビデオテープ、DVD、ブルーレイ。 映像を楽しむためのソフトは年々進化してきています。 現代ではほとんどのゲームや映画などの映像ソフトがブルーレイとなっていますよね。

従来の映像ソフトに比べてブルブルーレイプレイヤーの選び方の解説と海外で人気のおすすめブルーレイプレイヤーレイは明らかに映像が高画質です。今回は再生に欠かせないーをご紹介していきます。

●ブルーレイと従来のDVDの違いは?

ブルーレイが従来のDVDよりも画質がいいことはわかりますよね。 それでは具体的に何が違うのかを説明します。

・映像解像度の違い


まずは映像解像度の違いです。映像解像度は縦横のピクセル数を表すものであり数値が高いほど高画質になります。DVDの720×480ピクセルに対してブルーレイは1920×1080ピクセル。

・音質の違い


ブルーレイは映像にばかり注目されがちですが、実は音質も大きく変化しています。テレビからの直接の音声ではわかりづらいですが、ホームシアターなどの機器を通して聴くと違いがあることに気付くと思います。是非違いを聴いてみることをおすすめします。

・容量の違い


従来のDVDに比べてブルーレイは容量も圧倒的に多いです。従来のDVDは片面1層4.7GB、片面2層8.5GBとなっていますがブルーレイは片面1層25GB、片面2層50GBとなっており、圧倒的に大容量となっています。

●ブルーレイプレイヤーを選ぶ基準

上記で述べた通り、ブルーレイは圧倒的に進化していることがわかりましたね。そのブルーレイをより楽しむためには再生するブルーレイプレイヤーも重要になります。
ブルーレイプレーヤーを選ぶおすすめの基準としては自分がどんな機能を重要視するかで選ぶといいと思います。
一口にブルーレイプレイヤーと言っても、低価格のものから高価格のものまで大きな幅があります。それに比例して画質・音質も変わってきます。また、デザインや大きさも様々です。
コストパフォーマンスで選ぶのか、コンパクトで設置に困らないデザイン・大きさで選ぶのか一番重要視しているポイントで選ぶといいでしょう。
また、多機能のものからシンプルで操作性がいいものもあります。 まずは自分の基準を考えてみましょう。

●おすすめ7選


Samsung BD-J5100


Samsung BD-J5100ブルーレイプレイヤー。ほとんどのブルーレイプレイヤーは起動時間が約10秒ですが、Samsung BD-J5100は0.5秒で起動します。ホームオーディオを使って楽しむことをおすすめします。

2チャンネルオーディオを処理して、低音や映画の会話など、鮮明でフルレンジのサラウンドサウンドを実現します。

ブラックスリムUSB外部ブルーレイプレイヤー



ブラックスリムUSB外部ブルーレイプレイヤー。USBポートを備えたノートパソコンやデスクPCと一緒に作業できます。このドライブは、CD DVDを書き込んだり再生したり、Blu-Ray High Definitionムービーを再生することができます。小型なのでノートパソコンと一緒に持ち運ぶのにおすすめです。

ソニーBDPS6700



ソニーBDPS6700 4Kアップスケーリング3Dストリーミングブルーレイディスクブルーレイプレイヤー。Wi-Fiが内蔵されているため、Netflix、YouTube、Hulu Plus、Amazon Instant Videoなどのストリーミングアプリやサービスにワイヤレスでアクセスできます。

また、ソニー独自のカラー技術であるTRILUMINOSは、深みのある感覚と自然な色合いを作り出します。

LG 4K 3D Ultra HDブルーレイプレイヤー


LG 4K 3D Ultra HDブルーレイプレイヤー。LGは韓国の家電・情報通信メーカー。このブルーレイプレイヤーはHDRとの互換性を備えており、4K Ultra HD再生が可能です。

さらにこのブルーレイプレイヤーと3D HDTVを接続すると3Dコンテンツを楽しむことができます。LG UP870プレイヤー、リモコン、バッテリーが付属しています。

Philipsブルーレイプレイヤー


Philips 4K UHDアップコンバージョンDVD&ブルーレイプレイヤー。Philips(フィリップス)はオランダのアムステルダムに拠点を置く多国籍企業です。

主にヘルスケア商品、医療関連機器を中心とする電気機器メーカーですが、TVビデオやオーディオ等の生産しています。お手ごろ価格なので価格重視の人にはおすすめです。

OPPO BDP-103ユニバーサルディスクプレイヤー



OPPO BDP-103ユニバーサルディスクプレイヤー。OPPO(オッポ)は2003年に設立された中国、広東省東莞市に本部を置く電気機器メーカー。このブルーレイプレイヤーは万能な機能が欲しい人におすすめ。

4Kアップコンバート、2Dから3Dへの変換などのピクチャコントロールを備えており、デュアルコアプロセッサにより、迅速な起動と高速なロード時間で快適に使用できます。

Tascam BD-01U


Tascam BD-01UラックマウントDVD&ブルーレイプレイヤー。 TASCAMは、カリフォルニア州モンテベロに本社を置くTEAC Corporationのプロオーディオ部門。

TASCAMのBD-01Uは頑丈でプロフェッショナルな、1ラックスペースのブルーレイプレイヤーです。機能が豊富なので多機能重視の人におすすめです。

●まとめ

今回はブルーレイプレイヤーについてまとめてみました。上記で述べたおすすめの選び方を参考にしても悩んでいる人はまずはテレビのメーカーと合わせるのもいいかと思います。

同じメーカー同士で連動した機能がある場合もあるのでおすすめです。自分にぴったりのブルーレイプレイヤーを見つけてください。

関連記事

  1. 意外と種類によって特徴が違う!?海外で人気のおすすめ扇風機7選
  2. Bluetooth対応のおすすめレコードプレイヤー3選&音質重視…
  3. ロボット掃除機 徹底比較おすすめ7選
  4. 海外で人気のワイヤレススピーカー10選
  5. おすすめのボイスレコーダー厳選10選!【2018年決定版】
  6. 4K・フルHDの画質の違いは?海外でおすすめビデオカメラ6選
  7. オーブントースター人気おすすめランキング【2018年度決定版】 …
  8. 芝刈り機のおすすめ8選!知識がなくても1番良い製品を選ぶ方法

ピックアップ記事

PAGE TOP