インテリア

ワークチェアの選び方とは?国内外おすすめ商品10選

デスクワークに欠かせないオフィスチェアですが、座れれば良いと思うのは大間違い! 長時間座ってばかりいると、必然的に腰やお尻に負担がかかってしまい、過度な疲労がたまりがちになってしまいます。
その疲労を軽減してくれるのが、ワークチェアの仕事。 快適なワークライフを送るためには、ワークチェアへのこだわりも大切です。 座り心地の良さ 疲れにくさを重視して、お気に入りのワークチェアを見つけてみませんか?
今回はおすすめのワークチェアをピックアップしてご紹介します。

どんなワークチェアを選んだらぶべきか

では、実際に座り心地が良くて、疲れにくいワークチェアを選ぶためにはどういうところに気を付けたら良いのでしょうか? 気になるポイントをまとめてみました。

座り心地を優遇するならハイバックタイプを


ワークチェアは、肩甲骨を境として、ハイバックとローバックに2パターンにわけられます。 ハイバックは座り心地や機能性に優れていますが、比較的お値段は高くなります。 一方、ローバックタイプは安くて圧迫感がないのですが、座り心地はハイバックに劣ってしまいます。
体との相性もありますので、座り心地を体感してから選ぶ方が良いでしょう。

ワークチェアの形


ワークチェアには、主に3種類の定番の形があります。 人間工学に基づいてつくられたというエルゴノミクスチェア、手頃な価格帯で購入できる事務回転椅子タイプ、ふっくらした座り心地の高級チェアのエグゼクティブチェアといった種類があり、それぞれ座り心地や値段が大きく変わってきます。

素材


ワークチェアには主に、カラーバリエーションが豊富なファブリック、通気性が良いメッシュ、高級感のあるレザーの3つの素材が使われることが多いです。 お部屋の雰囲気と合わせたり、座った感触の好みで選んで良いでしょう。
他にもリクライニング機能や足が置けるレスト機能など、ワークチェアによって異なる特徴がありますので、それぞれの機能性にもしっかりと注目して選ぶようにしましょう。

国内のおすすめ商品

タンスのゲン G-AIR ハイバック オフィスチェア 【競技用メッシュ】 腰サポートクッション 調節可能アームレスト ロッキング ブラック 65090108 03



こちらはメッシュタイプのハイバックワークチェアです。 座面と背もたれ部分には、アスリートのシューズなどに用いられる競技用メッシュ素材を使用しているので通気性も良く、オールシーズン使えます。
長時間でも快適に過ごせるハイバックタイプで、腰には可動式のサポートクッションを搭載していて、体をしっかりサポートしてくれます。

アイリスプラザ オフィスチェア メッシュ バックチェア 腰サポートバー 調節バー付き オールシーズン ブラック



こちらもメッシュ素材でできたワークチェア。カラーバリエーションが豊富で、お部屋や仕事場に合わせて遊べます。 背面にはゆるやかなカーブがあり、腰をやわらかくサポートしてくれます。
幅33cmでシンプルな構造ながらもゆったりとした座り心地を実現しています。

Hbada シンプル オフィスチェア デスクチェア



マットグレーがおしゃれなファブリック素材のワークチェア。 約120°倒すことができるロッキング調節機能を搭載しており、イスに座りながらリラックスした体勢を取ることが出来ます。
非再生高密度ウレタンフォーム素材を使用しているため、弾力のあるクッション性で体をサポートしてくれます。
小さくてシンプルなデザインなので、どんな空間にも合わせやすいでしょう。

プラス オフィスチェア Presea KC-K63SL



鮮やかなカラーリングが特徴のワークチェア。背もたれ下部のダイヤルを回して、ロッキングの強さを好みに合わせて調整できます。 体にフィットするようなクッション形状で、しっかりと体を受け止めてくれます。 背面には移動しやすいように取っ手がついていたりと、何かとやさしいつくりに。
座る人を選ばないイスというだけあって、老若男女問わず使えるおすすめワークチェアです。

【安心一年保証】オフィスチェア メッシュ ハイバック デスクチェア



クッション性を求めるならこちらがおすすめ。 肉厚のあるクッションで贅沢な座り心地を実現したワークチェアですが、蒸れを防止するためにメッシュ素材を使用しています。
3Dの立体構造で、体に自然にフィットして、背中や腰を徹底サポートしてくれます。 長時間作業することが多い方に向けて快適さを重視したモデルとなります。

【DXRACER正規品】DXRACERゲーミングチェア DXR-BKN ブラック



長時間ゲームをプレイする人に向けてつくられたゲーミングチェアですが、もちろんデスクワークでの利用にもおすすめです。 独自の人間工学に基づく三次元立体成型のスチールフレームで、体幹を支える頭部、肩部、腰部、膝部を密着ホールドしてくれます。
また、高密度・高反発のウレタンフォームで、座り心地もふっくらして気持ちが良いのも特徴です。 座面には木板を使わない構造がソファやベッドと同じような底付き感のない弾力のある座り心地を実現しました。
長時間不自由なく、リラックスした気持ちで座れるため、ワークチェアとしても大活躍必至です。

アイリスプラザ オフィスチェア 170度リクライニング ハイバックチェア レザーブラック



最大170度のリクライニングが可能となったワークチェアがこちら。高級感あるレザータイプで、肉厚のある立体的なふかふかクッションが特徴です。 足元にはフットレストを搭載しており、使わないときは収納もできます。
ふかふかで柔らかいクッションは、ゴムバンド付きで、好きな位置に簡単に移動でき、取り付けられます。 仮眠もとれるほど快適なワークチェアとして、ライフスタイルをサポートしてくれます。

Hbada ハイバック オフィスチェア



体への負担軽減にフィーチャーしたワークチェアがこちら。 155°のリクライニング調整はもちろん、ワークチェア全体が耐圧を分散させる構造で、体への無理な負担を軽減してくれます。 頭をふわっとキャッチしてくれるヘッドレストつきで、頭部や首まわりもやさしくサポート。 非再生高密度ウレタンフォーム素材で、快適な座り心地を実現させました。
仮眠の時、オットマンを引き出し、ほぼ水平の状態までリクライニング可能。まるでベッドのような感覚でゆったりとくつろげるのもポイントです。

海外のおすすめ商品

AmazonBasics High-Back Executive Chair – Brown


PVC素材を使用した高級感あふれるエグゼクティブチェア。背面にはパッドが入っていてやわらかく体をサポートしてくれます。 シンプルでセンシュアルな大人なデザインが特徴で、オフィスや仕事場をクールに引き立て、大人の空間へ仕上げます。

BestOffice OC-2610-Black Office Chair, 1, Black


やわらかなPUレザーを使用したワークチェア。ワイドなつくりで、ゆったりと座れる贅沢な座り心地。
耐水性にも優れており、汚れがつきにくいのもグッポイント。 360度回転するので、作業効率もUPします。

まとめ

自宅作業が多い方は、必ずワークチェアにはこだわってほしいところ。作業する環境が変わるだけで、今までの疲労が驚くほど軽減されます。
体への疲労は心の疲労へと繋がり、ストレスになりかねません。 仕事でストレスを抱えないためにも、お気に入りのワークチェアをゲットしましょう!

関連記事

  1. 知っておきたい海外のおしゃれなおすすめ壁紙を厳選!
  2. ih フライパンを選ぶポイントをご紹介!おすすめ商品10選
  3. 何度使ってもさらさらのバスマットはどれ?素材別おすすめ10選
  4. 高機能タンブラーおすすめ10選
  5. オペラグラスを選ぶポイントをご紹介!おすすめ商品10選
  6. 移動中の睡眠を快適にしてくれるおすすめネックピロー10選!
  7. ベビーチェアを選ぶポイントをご紹介!おすすめ商品10選
  8. 作業効率がアップするデスクチェアとは?おすすめのチェア8選

ピックアップ記事

PAGE TOP