インテリア

ワインセラーを選ぶポイントを徹底解説!おすすめ商品10選

ワインは他のお酒と違い、常に気を付けて保管しておかないと、味に変化をもたらしてしまうデリケートな飲み物。
光の当たり具合や湿度、微々たる振動によっても味をすぐに変えてしまうため、 ワイン本来の味わいを楽しみたいという方は自家用ワインセラーを購入するという方も多いです。
特に夏場は要注意。日本の夏は年々暑くなっていて、ワインの劣化も早くなってきました。 常温で保管はできない、と考えていただいて良いでしょう。
お値段が張るワインだからこそ、常においしくいただきたいもの。 そんなワイン好きの方におすすめしたいおすすめワインセラーをピックアップしてご紹介します。

ワインセラーを選ぶときに気をつけたい3つのポイント

では、自宅用にワインセラーを選ぶときは、どういうポイントに気を付ければ良いのでしょうか? ワインセラー購入にあたり、チェックしておきたいポイントをまとめてみました。

ワインを長期保管するかどうか


ワインを常時ストックするためにワインセラーを購入しようと考えていると思いますが、何年も何年も保管しようと計画する場合は注意が必要です。 短い期間の保管であれば、ワインクーラーでも十分に保管できます。 しかし、長期間保管する場合は、温度と湿度を一定に保つため、暑さ対策だけでなく寒さ対策もできる加湿機能が必要です。 残念ながらワインクーラーには加湿機能はなく、冷やすことのみしかできません。 一方、ワインセラーには温める機能があります。 気温が極端に高くとも極端に低くとも劣化の原因となってしまいますので、長期間ワインを保管する場合は、どちらの気温にも対応できるワインセラーの購入をおすすめします。

ワインセラーの保管本数


購入する前に、ワインを一度に何本購入するのか、何本常備しておきたいのかを考えましょう。 一般的には12本あたりが収納できれば良いと考える方が多いそうです。 しかし、あとで本数を増やすとなると、ワインセラーを増設するよりも再び買い直した方が早く、お金がかかり、場所にも困る…なんてことに繋がります。 あらかじめ、ストック数ギリギリの本数が入るものではなく、常備するストック数より多く収納できる余裕のあるワインセラーを購入するようにしましょう。

動力別で選ぶ


ワインセラーの動力は、主に3種類あります。 最もベターなのが、ペルチェ式です。電気だけの制御で湿度を管理しているため、大きな振動がなく、静かに動いてくれます。一方、電気だけなのでパワーは弱いのが難点です。 次に多いのがコンプレッサー式。冷媒を使ってモーターを動かして温度調整をするタイプです。パワーも冷却度も高く、保管には最適なのですが、振動音が大きいため、音が気になるという場合もあります。
最近はあまり見かけないですが、熱吸収式のものもあります。これはアンモニアを冷媒として、気化熱で温度を調整する仕組みです。音は静かですが、冷却度は若干弱く、コンプレッサーに劣ると言われています。 お住まいの環境に合わせて選ぶことをおすすめします。

国内で人気のワインセラーのおすすめ8選

BWC-008P ワインセラー



あまり多くの本数を保管する予定はないという方で、初めてワインセラーを購入しようとお考えの方におすすめなのが、コンパクトなこちらがおすすめ。 ペルチェ方式のワインセラーで、音が静かなのでリビングにも気軽に置けます。 8本収納と少なめですが、ワインを一度に何本も抱えないという方にはこの大きさでも十分でしょう。 温度調整は4℃~22℃間で可能。小型でおしゃれなルックスなので、インテリアとしてお部屋になじんでくれます。

ルフィエール ワインセラー 12本収納



こちらもペルチェ式のワインセラー。直径80mmまで、高さ330mmまでのボトルを収納できます。 シンプルかつスリムなデザインで、ちょっとした隙間にも設置しやすく、お部屋の邪魔になりません。 4℃~22℃まで幅広い温度設定が可能で、タッチパネルで調整も簡単です。 シャンパンボトルも入るワインセラーはこの価格帯・大きさでは珍しいですよ!

フィフティ(FIFTY) フォレストライフ(Forest Life) ワインセラー


ペルチェ式で振動が少なく、音も静かなワインセラー。8℃~18℃まで調節可能で、比較的温度は高め。寒い地域にお住まいの方におすすめです。 UVカット加工のガラスで紫外線をシャットダウンして、ワインをしっかりガードします。 スクエア型のシンプルかつ高級感溢れるデザインで、ルックスもとてもきれいです。 こちらもタッチパネルで操作可能で、いちいちワインセラーを開ける手間もありません。

デバイスタイル ワインセラー(18本収納)




ペルチェ式のスリムタイプのワインセラーがこちら。 90mmの棚ピッチを設置しており、最大22本収納可能。大きめのボトルも収納できます。 ペアガラスを採用した断熱効果の高いガラスで、外的からワインを確実に守ります。 細長いフォルムでお部屋のスペースを上手く使えて収納できる上、大小それぞれのワインボトルを収容可能。かなり高機能なワインセラーです。

ottostyle.jp ワインセラー 【最大18本収納】



こちらもペルチェ方式。シンプルなデザインが特徴で、インテリアとしても置きやすいモデルです。 サイズもそこまで大きくないので、お部屋の邪魔になりません。 デジタル表示で、現在の温度や機械の調子を一目で把握できます。 サイズ、機能ともにちょうど良く、ベーシックなワインセラーをお探しの方にはおすすめです。

さくら製作所 ZERO CLASS Smart 低温冷蔵ワインセラー


もう少し規模を大きくしたいという方は最大22本収容可能なこちらがおすすめ。 コンプレッサー式で、内からじっくり冷却してワインを保護します。 しかし、一般的なコンプレッサー式のワインセラーに比べ音は静かで、想像よりも快適に使えます。 中の仕組みにも工夫があり、ボトルフィットのくぼみもあるので、ボトルを揺らさずしっかりと支えてくれます。 一升瓶を立てて保管することも可能なので、ワインだけでなく幅広いお酒を保管できます。 設定温度まで素早く温度調整してくれるのも嬉しいですね。

フォルスタージャパン ワインセラー



ワインをコレクションしようとお考えの方には、34本が収納できるこちらのビッグサイズなワインセラーはいかがでしょうか? こちらもコンプレッサー式で、常にハイパワーでワインセラー内を適温に保ってくれます。 オール傾斜ラックでフラットに収納もでき、自由度が高いのも特徴です。 扉もスムーズに開閉できて、取り出しもラクラク。 断熱効果のある3層ガラス構造で、外側と内側の温度差を少なくし、ワインに与えるストレスを軽減してくれます。 さらには、アラーム機能を搭載しているので、庫内が一定時間低温・高温になった場合や、温度センサーが不良時はアラームが鳴ってすぐに知らせてくれます。 多機能に充実したワインセラーです。

ファニエル/FURNIEL 長期熟成型ワインセラー (89本収納)


大量のワインをストックしておきたいというワインマニア必見の特大サイズのワインセラーがこちら。 89本を収納できる極上ワインセラーで、パワフルなコンプレッサーを搭載。 一本一本をしっかりと冷却して、いつまでも変わらない味を保管してくれます。 シンプルなタッチ式操作パネルで、いつでも温度調節が可能。 フルフラット3層ガラスドアで外からの影響を遮断して、室内のワインを徹底的に守ります。 89本のワインをすべて収納すると、まさに圧巻の光景。この光景を見たいがために、ワインをたくさん購入してしまいそうですね。

海外で人気のワインセラーのおすすめ2選

Allavino YHWR115-1BRN 115 Bottle Single-Zone Wine Cellar Refrigerator


横向きにワインを収納するおしゃれなワインセラー。 操作しやすいプッシュボタン式で、手軽にワインセラーを操作できます。 頼もしい木製のシェルフで、最大13本のワインボトルをしっかりと支えて収納してくれます。
青のLEDライトやスマートなルックスがスタイリッシュな印象を持ち、お部屋のインテリアとしても存在感を放ちます。

NutriChef 12 Bottle Thermoelectric Wine Cooler


かなりコンパクトサイズなワインセラーながらも、瓶を縦置きもできるという優れものがこちら。 ワインだけでなく一升瓶なども収納可能で、これだけで十分に活躍してくれそうです。 ガラス張りのエレガントな雰囲気で、小型ながらもおしゃれなルックスを持っています。
食器棚のすぐ隣に置いても違和感なく、わざわざ別に場所を確保しなくても設置できるのもグッドポイント。 ドアの開閉もスムーズで、出し入れもしやすく、タッチパネルも見やすい位置に設定されています。

まとめ

少しの衝撃、気温の変化ですぐに劣化してしまう繊細なワインだからこそ、大切に扱って、おいしくいただきたいもの。手がかかるからこそ、そのおいしさも倍に感じられますよね。
ワインを少しでも状態良く、大切に守るためにはワインセラーが必要不可欠です。 ご自宅のスペースやワインの収容本数、使いやすい機能に合わせて、ご自身に合うワインセラーを見つけてみてください。
お気に入りのワインセラーをゲットして、常においしいワインをいただきましょう!

関連記事

  1. リラックスできる!おすすめハンモックランキング
  2. 作業効率がアップするデスクチェアとは?おすすめのチェア8選
  3. 失敗しない水槽の選び方と海外で人気のおすすめ8選
  4. ソファベッドの選び方を解説!おすすめ10選
  5. ワークチェアの選び方とは?国内外おすすめ商品10選
  6. 移動中の睡眠を快適にしてくれるおすすめネックピロー10選!
  7. 快適な睡眠のおともにしたいおすすめの抱き枕10選
  8. いつもの場所がちょと楽しくなる!?ハンモックを選ぶときのポイント…

ピックアップ記事

  1. cover-wallet
PAGE TOP