家電・カメラ・AV機器

映画に!ニュースに!テレビが変わる人気シアターバーランキング

「シアターバーが欲しいけど、どれを選べばいいかわからない」「シアターバーって気になるけど、設置方法について詳しく知らない」このようなお悩みを持つ方に、おすすめのシアターバーを紹介します。高コスパなものから機能性十分なものまでジャンル別のランキングでチェックできますので、ぜひ参考にしてください。

また、各商品のおすすめポイントも必見です。より最適なシアターバーを見つけられるよう、種類や特徴、購入時に知っておきたい注意点も解説していきます。この記事を読み終える頃には、きっとあなたにとってのおすすめベストワンが決まっているはずです。

シアターバーの基本知識

シアターバーを選ぶ前に、シアターバーについての基本知識をチェックしておきましょう。種類や特徴、注意点などをここでわかりやすく解説します。

シアターバーとは?

シアターバーとは、薄型テレビのサウンドを高めるスピーカーのことです。音を増幅させるアンプが内蔵されています。見た目はスリムな棒状で、テレビの近くに置くだけで臨場感たっぷりの音を楽しめると人気です。機種によって異なりますが、ケーブル接続・ワイヤレス接続をして使用します。

ミニコンポに付いているボックススピーカーよりもテレビとの相性がいいため、ホームシアターやスポーツ観戦などにおすすめです。中にはスマートフォンやUSBに接続できるものもあり、音響機器として使えるものもあります。そんなシアターバーですが基本的に2つの種類があります。

シアターバーの種類

シアターバーの種類は「ワンボディ型」と「ユニット型」の2つです。特に初めての購入では、この違いを見極めて選ぶことをおすすめします。それぞれの特徴を簡単に説明しましょう。まず、ワンボディ型はシアターバー1本で音声再生を可能にします。

スタイリッシュ感や使いやすさにこだわる人におすすめです。ユニット型は低音再生の役割をもつウーハーが別になったタイプ。本体と組み合わせるもの、離したまま無線で使えるものがあります。重低音や奥行の深い音質を味わいたい人におすすめです。さらに音声を重視したいという方にはホームシアターという選択肢もあります。

シアターバーとホームシアターの違い

ホームシアターは複数のスピーカーを設置し、部屋全体をまるで映画館や劇場のように仕上げます。そのため臨場感や音質も本格的で、自宅であることを忘れて過ごせるくらいです。ただ、規模によっては大がかりな工事が必要で費用も膨らみます。

その点、シアターバーは設置が簡単で価格もお手頃なものが多いです。しかもハイクオリティーなサウンドを味わえます。「映像にも音質にも遮音にもハイレベルを求める」という人にはホームシアターがおすすめですが、「リビングで気軽にワンランク上の鑑賞を楽しみたい」「テレビの音声をクリアにしたい」という人は断然シアターバーがおすすめです。

シアターバーを選ぶときのポイント

ここでは、ニーズにピッタリのものを見つけるための外せないポイントやおすすめポイントをいくつか紹介します。ぜひ参考にしてください。

サイズ

見た目のバランスとして、シアターバーの横幅はテレビのそれより短いものがいいでしょう。また、シアターバーの高さはテレビ画面に被らないよう、テレビのスタンド部分よりも低いものがおすすめです。

そしてテレビを壁掛けにしている場合は、シアターバーも壁掛けタイプを選ぶようにしましょう。

接続方法

シアターバーは基本的にHDMIケーブルで接続します。ARC対応のものであれば電源切り替えや音量調節などテレビとの動作連動もスムーズ。

高品質・使いやさを求める人におすすめです。またBluetooth対応ならワイヤレス接続も可能で、テレビにもBluetoothが付いている場合はペアリングすればOK。テレビの周辺をスッキリさせておきたい人におすすめです。

機能

シアターバーは、主にテレビに接続してその音のクオリティを上げるために使います。とはいえオーディオシステムである以上、音楽を楽しめるのも利点。Bluetooth機能があればスマートフォンやパソコンに溜めた音楽を聴くことができます。

また、USB接続機能があればUSBメモリに入っている音楽も再生可能です。特に音楽を楽しみたい人は、このような機能があるものをおすすめします。

メーカーの特徴

多くの家電製品がそうであるように、シアターバーもまたメーカーごとの特徴があります。ここではメーカー重視で選びたい人に、代表的なメーカーごとの特徴をワンポイントで紹介します。


・Bose(ボーズ)……得意の重低音と独自の高音質再現技術。
・YAMAHA(ヤマハ)……音と一体になれるバーチャル3Dサラウンド技術(YAS-107)。
・SONY(ソニー)……S-Force PROフロントサラウンド(HT-S200F)。
・Pioneer(パイオニア)……音漏れや重低音特有の不快な振動を低減。
・JBL(ジェイビーエル)……業務用メーカーならではの大音量と迫力サウンド。

ここではほんの一部を紹介しました。他にもメーカーごと・機種ごとに魅力的な機能があります。このあとのランキングでは、そういった特徴やおすすめポイントもチェックしてください。

1万円以下の高コスパシアターバー3選

3位 MEGACRA サウンドバー S6520Pro

テレビの音がとにかくよく聞こえ、音質も高める優れもの!ニュースモードに切り替えると話し声が鮮明になるので快適ですよ。

サイズ
幅:710x高さ:100x奥行:105(mm)
参考価格6,998円
タイプ
ワンボディ
接続
光ケーブル・RCA端子・Bluetooth
ARC対応
USB対応
壁掛け対応
※参考価格は変わっている可能性があります。

2位 Joly Joy 2.0ch Bluetoothサウンドバー

ビギナーさんでも設置しやすく、専用リモコンで操作も簡単!音質が安定していてクリアなところが高評価です。

サイズ
幅:892×高さ:84×奥行:55(mm)
参考価格9,999円
タイプ
ワンボディ
接続
光ケーブル・AUXケーブル・RCA端子・Bluetooth
ARC対応
USB対応
壁掛け対応
※参考価格は変わっている可能性があります。

1位 iina-style SoundBar 2.0ch スピーカー

スタイリッシュで使いやすい文句なしのコスパ!音割れが少なく、やや強めの心地いい重低音が体にズンズン響きますよ。

サイズ
幅:745x高さ:92x奥行:65(mm)
参考価格9,980円
タイプ
ワンボディ
接続
光ケーブル・AUXケーブル・RCA端子・Bluetooth
ARC対応
USB対応
壁掛け対応
※参考価格は変わっている可能性があります。

映画をより楽しみたい人におすすめのシアターバー3選

 

3位 Pioneer 3.1ch サウンドバーシステム HTP-SB560

本体と別にサブウーハーがついているタイプですが、どちらもコンパクトなので場所を選びません。地上波だけでなく、BS、CS、ブルーレイディスクへの多彩な対応力が「推し」ですよ。

サイズ
幅:850x高さ:620x奥行:22(mm)
参考価格39,800円
タイプ
ユニット(分離型)
接続
HDMI・光ケーブル・Bluetooth
ARC対応
USB対応
壁掛け対応
※参考価格は変わっている可能性があります。  

2位 JBL Bar Studio 2.0chホームシアターシステム

世界中の映画館やコンサートホールに設置される業務用音響を手がける専門ブランドだけあって、音質がちょうどいい中低域です。

サイズ
幅:614×高さ:58×奥行:86(mm)
参考価格14,261円
タイプ
ワンボディ
接続
HDMI・Bluetooth
ARC対応
USB対応
壁掛け対応
※参考価格は変わっている可能性があります。

1位 パナソニック 2.1ch シアターバー SC-HTB175-K

センサーが自動的に視聴方向へ音を出力、迫力ある澄んだ重低音に包まれます!ライブ鑑賞の際には、臨場感たっぷりのステージを楽しむことができますよ。

サイズ
幅:950×高さ:105×奥行:66(mm)
参考価格19,400円
タイプ
ワンボディ
接続
HDMI・光ケーブル・Bluetooth
ARC対応
USB対応
壁掛け対応
※参考価格は変わっている可能性があります。

音楽を楽しみたい人におすすめのシアターバー3選

3位 Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバー

低音がお得意のメーカーですが、さらにお好みのレベルに低音調整ができます!美しさとボリュームを兼ね備えたゆたかなサウンドにうっとりしますよ。

サイズ
幅:548x高さ:86×奥行:70(mm)
参考価格32,400円
タイプ
ワンボディ
接続
光ケーブル・同軸ケーブル・アナログケーブル・Bluetooth
ARC対応
USB対応
壁掛け対応
※参考価格は変わっている可能性があります。

2位 SONY サウンドバー HT-S200F 2.1ch

メーカーオリジナルのデジタルアンプ「S-Master」が音質劣化を極限まで抑え、より原音に近いサウンドを届けてくれます。なんと壁掛け時には壁掛けモードが選べるため、いつでも最適なサウンドを楽しめますよ。

サイズ
幅:58×高さ:95×奥行64:(mm)
参考価格19,993円
タイプ
ワンボディ
接続
HDMI・Bluetooth
ARC対応
USB対応
壁掛け対応
※参考価格は変わっている可能性があります。

1位 ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-107

バーチャル3Dサラウンド技術が叶えるパワフルで贅沢な音質です。音のバランスと重厚感はやみつきになりますよ!

サイズ
高さ:890×幅:131x奥行:53(mm)
参考価格21,450円
タイプ
ワンボディ
接続
HDMI・Bluetooth
ARC対応
USB対応
壁掛け対応
※参考価格は変わっている可能性があります。

まとめ

シアターバーがあるだけで、映画鑑賞や音楽鑑賞がより充実します。今回の記事で紹介した中で筆者がおすすめするナンバーワンは「パナソニック 2.1ch シアターバー SC-HTB175-K」です。

おすすめの理由はビギナーさんでも使いやすくてお手頃価格で、映画も音楽も地上波も満足のいくサウンドを堪能できる点。あなたも最適なシアターバーでぜひ上質なサウンドライフを満喫してくださいね。

関連記事

  1. 機能性も、価格も!マニアが本気でおすすめするスマホVRゴーグル1…
  2. デジカメでは味わえないフィルムカメラの魅力とは?おすすめ商品を厳…
  3. スマホ・PC用VRゴーグルのおすすめランキング!口コミやアプリも…
  4. スライサーを選ぶポイントをご紹介!おすすめ商品10選
  5. ロボット掃除機 徹底比較おすすめ7選
  6. 加湿器の選び方とおすすめ商品厳選紹介!
  7. この冬暖かく過ごせるおすすめホットカーペット10選!
  8. ヘッドセットとヘッドホンの違いを解説!海外で人気おすすめ8選

ピックアップ記事

PAGE TOP