家電・カメラ・AV機器

あなたに合わせたおすすめ掃除機を10選!

掃除機は、冷蔵庫、テレビ、電子レンジと比べてしまうと軽視されがちですが、意外と買ってから多くの方が後悔する家電でもあります。値段とデザインで重視で製品を購入してしまうと、場合によって吸引力が弱くうまく掃除できないことも・・・。

そこでこのページでは、掃除機について徹底的に調べて尽くした筆者が、購入して後悔しない為に必要な知識からあなたの生活に合わせたネットで評判の良いおすすめ製品を紹介していきます。このページを読んでもらえれば、購入して後悔しない1台が見つかるはず!さっそく、掃除機の種類とおすすめのポイントから確認していきましょう。

掃除機の種類とおすすめのポイント

まず一般的な掃除機の「キャニスター型」・「コードレススティック型」・「ロボット型」の3つの種類についてそれぞれ見ていきましょう。強い吸引力で綺麗にすることを重視したい方、楽に掃除をしたい方、こまめに掃除したい方によっておすすめの掃除機が異なってくるので自分に合わせたタイプを見つけましょう。



キャニスター型

キャニスター型キャニスター型の特徴として以下の3つのメリットがあります。

・吸引力が3つのタイプで1番強い
・コストパフォーマンスに優れる機種が多い
・容量が大きく、ゴミ捨て・手入れの頻度が低い

キャニスター型はコンセントから電力を取るので、出力が高く、パワフルな吸引力があります。また、本体を床に置いて掃除するので、スティック型ほど軽量化する必要がなく、コストパフォーマンスに優れている機種が多いです。

しかも、本体に大きなゴミを溜めるスペースを取ることができるので、掃除の頻度が高い方にとって、ゴミ捨てが少なくて良いのも大きなメリットになります。しっかり綺麗に掃除したい方、なるべくコスパの良い安い製品が欲しい方、毎日掃除をされる方におすすめのタイプです。



スティック型

続いて、コードレススティック型ダイソンの登場により掃除機の主流となりつつあるスティック型ですが、まとめると以下のようなメリットがあります。

・本体がないのでコンパクト
・狭い空間でも楽に掃除できる
・すぐに掃除することができる
・デザイン性重視のモデルが多い

スティック型は階段など本体を持って掃除する必要もなければ、部屋の移動で電源を差し替える必要がありません。つまり、取り回しが良く、掃除中にダントツで手間が少なく使いやすい掃除機なんです。また、スティック型を購入された方は、コンパクトかつデザイン性の良さからリビングなど生活空間に置いている方が多くいらっしゃいます。

そのため、気になった時に部屋の隅のちょっとしたほこりや、子どもの食べこぼしをすぐに掃除することができるんです。「子どもがよく食べこぼす」、「キャニスター型では階段の掃除が大変」という方にはサブ掃除機としておすすめしています。さらに、1人暮らしで掃除機を置くスペースがあまり取れない方にも、どこにでも置けるまた、デザイン性の高いスティック型はおすすめです。



ロボット型

ロボット型発売はなんと平成14年と歴史が長いロボット掃除機。当初は非常に高額で性能もあまりパッとせず、おすすめされていませんでしたが、今では人工知能を搭載するなど、自動で部屋の大きさを学習して掃除したり、外からスマートフォンの操作で掃除することができるようになったりと、非常に高性能になりました。

「でも、段差に弱かったり、カーペットは掃除できなかったりするんでしょ?」と思われる方も多いと思いますが、そんなことないんです!今日では、難しかったカーペットも掃除できるようになり、小さな段差で引っかかってしまうこともなくなりました。さらに、最近では水拭きしてくれるロボットまで発売しています。

ロボット掃除機は高額だと思われがちですが、国内メーカーも参入してリーズナブルな製品が続々と登場。「忙しくて毎日の掃除を楽にしたい」、「家事から開放されて、自由な時間を持ちたい」という夢のような生活が低価格で実現できるんです。ロボット掃除機なんて高くて手が届かないと思われていた方は、是非この機会に検討ください!

ここまで、掃除機の種類についてご紹介させて頂きましたが、一度まとめると、

・キャニスター型
コスパや吸引性能を重視する方におすすめ。

・スティック型
なにかと掃除が耐えない小さな子どもがいる家庭、1人暮らしの方、綺麗好きの方、デザイン性を重視したい方におすすめ。

・ロボット型
忙しい方、自由な時間を作りたい方におすすめ。

という感じになります。それぞれの掃除機の特徴について理解できたところで、一言お伝えしたいのが、「しっかりとスペックを確認してから製品を購入してください!」ということです。

「そんなの常識でしょ?」と疑問に感じた方でも、意外に人気だからという理由で簡単に購入しまう方がいらっしゃいます。しかも、コストや見た目を重視して購入している場合が多いので、実は同じくらいの価格でもっと便利なものが買えたというケースも多いんです。そこで次の章では、掃除機を購入する際に確認しておきたいスペックについて紹介していきます。ポイントを押さえることができれば、コスパが良くあなたにピッタリ掃除機が購入できるはずです。

確認しておきたいスペック

掃除機を購入する際にはどんなスペックに注目して選べば良いのでしょうか?それは、「吸引力」と「手入れの仕方」に注目することをおすすめしています。掃除機は最低でも2年から3年、長ければ7.8年も使い付けることになるんです。「え、そんなに長く使うの?」と疑問に思う方も多いですが、案外、掃除機が故障しなければずっと使ってしまうもの。

そのため、吸引力が弱く満足に掃除できなかったり、本体の手入れが面倒で掃除が面倒になってしまったりしては元も子もありません。そんな「吸引力」と「手入れの仕方」の2つの性能は、以下の3つによって大きく変わります。

・サイクロン式と紙パック式の違い

掃除機は大きく分けて、「紙パック式」と「サイクロン式」があります。紙パック式紙パック式の特徴は、吸い込んだゴミを紙パックに集めて掃除を行うところです。また、紙パックにはフィルターの機能もあり、ゴミを取り取り除いて空気のみ排気します。

メリット

・定期的なフィルターの掃除、ゴミ捨てなどのメンテナンス回数が少なく、紙パックごとゴミを捨てることができるため手軽で衛生的に管理する事ができる。

デメリット

・紙パックの買い足しのコストがかかる。
・排気される空気がゴミの中を通過する為、ニオイや微細な塵などが気になる場合がある。

紙パック式は吸引力で掃除に困るといったことはなく、ゴミ捨ても週に1回の掃除頻度で2ヶ月に1回ぐらいです。そのため、ゴミ捨てをなるべくしたくないという方には紙パック式がおすすめになります。また、ゴミ捨ての際にはホコリが舞わないので、ハウスダストに敏感な小さな子どものいる家庭にはおすすめです。

サイクロン式遠心力によって回転させながら、吸い込んだゴミと空気を分離させます。ゴミはダストカップ、空気はフィルターを通して排気されるシステムです。 

メリット

・紙パックのコストがかからず、排気される空気もキレイ。

デメリット

・頻繁にゴミ捨てをしなければいけない。
・ゴミ捨ての際にホコリが舞ってしまう。
・定期的なフィルターの掃除が必要。

サイクロン式は頻繁にゴミ捨てが必要で、週に1回の掃除の場合は2週間に1度です。しかし、吸引の持続力が高く、掃除中に吸引力が弱まるということがありません。「いつもしっかり掃除したい!」「吸引力の弱さでストレスを感じたくない!」という方にサイクロン式はおすすめです。

サイクロン式のフィルター有無の違いサイクロン式にはフィルターがある製品とフィルターレスの製品があります。フィルター付きの方が性能は良いように感じてしまいますが、そうではありません。フィルターのある製品は、使用しているうちにフィルターが汚れて吸引力が落ちるのが特徴です。反対にフィルターレスの方が高額な為、吸引力も強くフィルター掃除などのお手入れが必要ありません。そのため、高額でもフィルターのお手入れを無くしたいという方には、フィルターレスがおすすめです。

掃除機ヘッドの種類そもそもヘッドとは床と密着するブラシが入っている部分で、「エアタービン式」・「モーター式」・「自走モーター式」の3つの種類があります。それぞれ吸引力や掃除の便利さが違ってくる為、1つずつ確認していきましょう。

エアタービン式

ゴミを吸い込む風力を利用して、ヘッド内部のブラシを回転させるタイプ。風の流れが滞ったり、抵抗があったりするとすぐにブラシの回転が止まってしまいます。吸引力は弱いですが、価格を抑えたい方におすすめです。

モーター式

絨毯やカーペットに絡んだゴミも、ヘッド内部のブラシを回転させてかき出すことができるので吸引力の高く、綺麗に掃除することができます。しっかり掃除したい方におすすめのヘッドです。

自走モーター式

モーター式と同じ吸引力を備え、ヘッド部分がモーターの力で前に進むようになっているタイプ。綺麗に掃除することができ、ヘッドが自動で動くので楽に掃除することができます。力のない女性におすすめのヘッドです。

以上の知識を踏まえて製品を選んで頂ければ、購入後に後悔する掃除機を選ぶことはないと思います。最後の章では、「買って良かった!」と口コミがされているおすすめ掃除機を10台ご紹介させて頂きます。

キャニスター型のおすすめ機種

ダイソン Dyson Ball Animal+Fluffy CY25 AF

「吸引力が変わらない、ただひとつの掃除機」で有名なダイソン。そんなメーカーから発売されているこの製品は掃除機の中では非常に高額ですが、吸引が難しい絨毯に絡みついたペット毛までしっかりと掃除することができます。また、掃除機はサイクロン式のフィルターレス型なので、最小限のお手入れで常に強力な吸引力で掃除できる製品です。

女性にはちょっと扱いづらいですが、掃除してカーペットの色が甦ったという口コミがあるほどの圧倒的な吸引力なので、とにかく綺麗に掃除したい方におすすめ。

吸引方式サイクロン式(フィルター無)
ヘッド
モーター式
参考価格
¥60,400
※参考価格は変わっている可能性があります。

東芝 TOSHIBA TORNEO V VC-MG920-N

サイクロン式でフィルターレスの為、強力な吸引力で持続的に掃除をすることができ、最小限のお手入れで掃除をすることができます。また、自走モーターのヘッドを搭載している為、力のない女性でも楽に掃除することができます。

女性に吸引力の高い掃除機は、扱いづらいというデメリットも克服したおすすめの1台です。

吸引方式サイクロン式(フィルター無)
ヘッド
自走モーター式
参考価格
¥41,965
※参考価格は変わっている可能性があります。

パナソニックMC-SR23J

サイクロン式のなので吸引力も高く、自走モーターのヘッドを搭載しているので掃除を楽に行えるにも関わらず、¥198,000という驚きの価格。

しかし、注意して頂きたいのがフィルターの掃除が必要になってくるという事です。フィルターのお手入れが全然苦にならない、コストを抑えたいという方には非常におすすめの掃除機になります。

吸引方式サイクロン式(フィルター無)
ヘッド
自走モーター式
参考価格
¥19,800
※参考価格は変わっている可能性があります。

パナソニック MC-JP510G

紙パック式の為、ゴミ捨ての回数が少なく、捨てる際にホコリが舞わない掃除機です。また、モーター式のヘッドを搭載しているのでゴミをかき出ししっかりと掃除することができます。

子どもがいる家庭は掃除を機会が多く、必然的にゴミ捨ての頻度も高いです。その際、ホコリを心配せずにゴミを捨てることができるので、ハウスダストに敏感な子どもがいても安心な掃除機になります。

吸引方式紙パック式
ヘッド
モーター式
参考価格
¥39,400
※参考価格は変わっている可能性があります。

スティック型のおすすめ機種

ダイソン「 Dyson V8 Fluffy SV10FF2」

2017年5月に発売された掃除機ですが、現在でも価格.comの「スティックタイプの掃除機 人気売れ筋ランキング」で1位を維持。1年以上たった今でも、ランキング上位とは驚きですよね。

その秘密は、高い技術力による満足感です。同社の特許技術から生み出された「2層に配置された15個のサイクロン構造からの遠心力」、「最大11万回転するダイソンデジタルモーターV8」は吸引力を高め、「ソフトローラークリーナーヘッド」を装備することによって、0.3クロンもの微細なゴミまで取り除くことができます。

スティック型掃除機は、吸引力が落ちそうで心配という方にも、お手入れも少なくおすすめの製品です。

吸引方式サイクロン式(フィルター無)
ヘッド
モーター式
参考価格
¥59,800
※参考価格は変わっている可能性があります。

シャープ RACTIVE Air EC-A1R

ロケットや飛行機で使用される「ドライカーボン」を本体パイプの素材として採用することで、標準重量を1.5kgという軽量化を実現したモデルです。また、サイクロン式で吸引力も高く、自走モーター式のヘッドを搭載しています。

そのため、スティック型の吸引力が弱いというデメリットを感じることなく、本体も軽く、ヘッドが自動で動くので、女性でもラクラク掃除することができる1台になります。

吸引方式サイクロン式(フィルターレス)
ヘッド
自走モーター式
参考価格
¥25,797
※参考価格は変わっている可能性があります。

マキタ「CL107FDSHW」

国内の電動工具メーカーとして有名なマキタが開発したモデルになります。本製品の最大の魅力が、重量1.1kgという軽量設計であるということと価格も1万円台とスティック型の中でも非常に安いのが大きな魅力です。

また、紙パック式を採用しているので、ゴミ捨ての際のホコリの舞い上がることなく、子どもにも安心。しかも、本体が軽いので目が離せない子どもを抱っこしながらでもスムーズに掃除することができる掃除機です。

吸引方式紙パック式
ヘッド
エアタービン式
参考価格
¥12,898
※参考価格は変わっている可能性があります。

三菱電機「iNSTICK HC-VXG30P」

製品最大の特徴は、充電スタンドが最新の空気清浄機になっており、HEPAフィルターの採用により0.3μミクロン以上の微細な粒子を99.97%以上キャッチすることができるところです。

性能の高いスティック型掃除機だけでなく、高性能な空気清浄機の欲しい方におすすめの1台です。

吸引方式サイクロン式(フィルターレス)
ヘッド
自走モーター式
参考価格
¥37,300
※参考価格は変わっている可能性があります。

ロボット型のおすすめ機種

アイロボット(iRobot) ルンバ980 R980060

ロボット掃除機といえば、ルンバと言えるぐらい有名なルンバ。カメラセンサーで空間を正しく認識し、無駄のない掃除機をできるようになっただけでなく、汚れの取りづらいカーペットの上では「カーペットブースト」機能を使い、自動的に吸引力を最大10倍までアップさせます。

価格は10万円以上と高額ですが、一度使えばこの価格の価値を体感できるはず。疲れて家に帰ると、部屋が隅々まで綺麗になっているという快適な生活を得られるおすすめの1台です。

価格
¥ 109,800
※参考価格は変わっている可能性があります。

ILIFE V3s Pro

ロボット掃除機の多くは、3万以上と高額ですがこちらのロボット掃除機は¥16,900と破格の金額なっているおすすめの1台です。しかも、自衝突防止・落下防止センサー、自動充電機能を備え、最低限快適にロボット掃除機を使うための機能を備えています。

掃除の時間をなくして、自由な時間を過ごしたいけどお金はかけたくないというあなたにおすすめのロボット掃除機です。

価格
¥ 17,900
※参考価格は変わっている可能性があります。

ブラーバ380j B380065

拭き掃除でフローリングの汚れまで取ってくれるロボット掃除機。水拭きで掃除するだけでなく、乾拭きを含めた2種類に対応できます。水拭きをしたくても、面倒でなかなか定期的に行うのはむずかしいですよね。本当は綺麗にしたいんだけど、面倒くさがりの方におすすめの掃除機です。

価格
¥107,979
※参考価格は変わっている可能性があります。

まとめ

ここまで、口コミの評価が高いおすすめの掃除機を厳選して紹介させて頂きましたがいかかでしたでしょうか?掃除機は早く購入すればするほど、あなたの生活は驚くほど便利になります。是非、最適な掃除機を購入して快適な生活を手に入れてください。

関連記事

  1. ブルーレイプレイヤーの選び方を解説!おすすめ商品7選
  2. ロボット掃除機 徹底比較おすすめ7選
  3. 2人で!大勢で!楽しめるおすすめホットプレートランキング
  4. デジカメでは味わえないフィルムカメラの魅力とは?おすすめ商品を厳…
  5. 加湿器の選び方とおすすめ商品厳選紹介!
  6. 初心者におすすめのレコードプレーヤーとは?徹底厳選紹介!
  7. おすすめのボイスレコーダー厳選10選!【2018年決定版】
  8. 海外で売れてるおすすめスピーカー7選。どんな種類があるの?

ピックアップ記事

PAGE TOP