インテリア

作業効率がアップするデスクチェアとは?おすすめのチェア8選

「イスなんてどれも一緒でしょ」と思っていた時期が私にもありました。たくさん知るほど魅力が深まる高機能デスクチェアの世界を少しだけ覗いて、より良いオフィス環境を整えるにはどんなデスクチェアが良いのか考えてみましょう。

デスクチェアの素材とその特性

1.革製



(1)本革
メリット:通気性が高い。傷に強い。時間経過とともに色が変化し味わいがある。
デメリット:湿気に弱い。比較的高価。 →応接間などのエグゼクティブ用におすすめ。

(2)合成皮革
メリット:高級感を出せる。撥水性が高く手入れが楽。
デメリット:経年劣化しやすく表面がボロボロになってしまう。

2.布製



メリット:比較的安価。カバーリングが豊富。ソフトな風合いでカジュアル。
デメリット:汚れが染み付きやすい。
→リラックスして自分好みの環境で作業をしたい人におすすめ。

3.メッシュ素材



メリット:風通しがよく涼しい。トランポリンのような質感で軽量。 デメリット:フレームが露出しているので身体のサイズに合わないとこすれることがある。素材としての耐久性が低い(引っかかりに弱い)。

デスクチェアを選ぶとき注意するポイント

➀背もたれの高さ


ローバック、ハイバック、ヘッドレスト付きの順に背面の面積が広くなっていくので、作業中はゆったりデスクチェアに身を任せたい!という人はハイバックのものを選ぶと良いです。

➁リクライニング機能


背面だけが動くタイプと座面も連動して動くタイプがあります。ミドルクラスのデスクチェアに大抵ついているのが前者の機能で、高級なものには後者の機能が付いている印象です。 なくても構わない!という方は特に気にする必要はありません。

➂使用する机との兼ね合い


デスクチェアの横幅が机の幅に対して大きすぎると、椅子が収まらないこともあるのであらかじめチェックしておきましょう。 また、肘掛けがある場合は念のため机の高さもチェックしておきましょう。

長時間モニターと向き合う人に-FurMax/Office Chair Leather Desk Gaming Chair



価格 :65$
素材:合成皮革+メッシュ

ハイバックで腰への負担を軽減し、背中に密着する部分だけ通気性の高いメッシュ素材にすることで長時間座っていても苦痛にならない、シンプルながら高性能なデスクチェアです。背面リクライニング機能と肘掛けもついているので休憩時間にはリラックスできそうですね。
このオフィスで働く人々とゲーマーのために作られた、「長時間モニターに向き合うこと」を可能にするための椅子は、その性能の割に手の届きやすい価格で販売されていることから、人気No.1の商品となっています。

カジュアルな雰囲気のオフィスに-Modway Articulate Ergonomic Mesh Office Chair


価格:101$
素材:メッシュ

豊富なカラー展開で、オフィスの雰囲気に合わせて選べるデスクチェアです。肘掛け部分、座椅子部分の高さは調節が可能で一人一人に合わせた座りごごちの良さを追求することができます。背もたれはメッシュ素材で、座椅子部分も通気性の高い生地でできたクッションなので、長時間座っていても暑苦しくなりません。また、キャスター部分は滑らかに回転するのでオフィスでイスに座ったまま行うちょっとした移動も快適です。

楽に姿勢を保ちたい人に-Coavas/Ergonomic Office Chair Mesh Computer Desk Chair



価格:130$
素材:メッシュ

ヘッドレスト部分、腰のクッション部分、肘掛け部分など細かい部分の調整が可能な高性能デスクチェアです。背もたれ部分はメッシュ素材で快適に過ごせますし、腰のクッションが良い姿勢を保つサポートをしてくれます。

シンプルなオフィスに-DJ-Wang/ Computer Desk Chair



価格:89$
素材:布

各パーツが簡単に取り外しできる簡易版のデスクチェア。シンプルなデザインでどんなオフィスにも馴染みます。 また、ホイールの性能が良いのでどんなタイプの床で使っても滑らかに動き、ストレスフリーな作業環境を実現してくれます。

腰をしっかり支えてくれるコンパクトチェア-HON /ValueTask Low Back Task Chair



価格:86ドル
素材:メッシュ+布

コンパクトなサイズのローバックチェアで、小さめデスクを使用している人におすすめです。メッシュ素材と二層のパッドで腰のクッションを包むことで、通気性を保ちながらも腰をしっかり支えてくれます。

背もたれなしで自然に姿勢が良くなる椅子-DRAGON/ Ergonomic Kneeling Chair6.



価格:120$

最近自宅用として人気の、背もたれがなく骨盤で上半身を支えるデスクチェアです。 このイスを長時間使用しても腰が痛くなったりはしないのでご安心ください。さらに、このデスクチェアに座っている時は自然と腹筋を使うので、デスクワークばかりで運動不足気味という方にとっては「ながら」筋トレが出来る嬉しいアイテムですね。

皮革の高級感を味わうチェア-OFM/Essentials Leather Exective Office



価格:55$
素材:合皮

柔らかい合皮で高級感があるデスクチェアです。手ごろな値段なので、オフィスの新規開設などで複数チェアが必要な方にもおすすめです。 キャスター部分の耐久性の高さもテストで実証されており、コスパの良いデスクチェアと言えるでしょう。

高級椅子メーカーの本気のデスクチェア-Herman Miller/ Embody Chair


価格:1295$
素材:メッシュ

人間工学に基づいた独特のフレームで不思議と身体にフィットして良い姿勢を保ってくれるデスクチェアです。ハーマンミラー社は、➀ストレスを軽減する、➁創造性を高めることをこのデスクチェアの特徴としてあげています。その鍵となっているのは座面と背面のピクセル構造だそうで、私たちがこのイスに座った時の姿勢に合わせてこの構造が作用し、腰や背中の一部をサポートしてくれるというのです。 少し奮発して、今より快適なデスクワークライフを送りたいという方におすすめです。

自然に身体にフィットするデスクチェア-Steelcase/Leap Task Chair



価格:917$

有名なオフィス家具ブランド、スチールケースの鉄板商品です。背骨にフィットする形で自然に腰をサポートしてくれるうえ、背もたれ部分や肘掛けも細かな調節が可能なので自分好みのデスクチェアにカスタマイズできるのが魅力です。また、独自の「ナチュラルグラインドシステム」で背もたれと連動して座面も動くので、一息つきたい時にはすぐにリラックスモードに入ることができます。 一人ひとりにとって最も快適なデスクチェアになってくれることでしょう。

まとめ

最近のトレンドとしては、やはり背もたれが蒸れないようにメッシュ素材を使用しているものが人気が高いという印象でした。ですが、クラシックな革張りのイスや温かみのある布張りのイスにもそれぞれの魅力があると思います。
今回ご紹介したイスの中に、気になるものはありましたか?購入する前に座り心地を確かめたいという人は、一度専門店で試しに座ってみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

  1. 海外で人気のおすすめマットレス8選を一挙公開
  2. いつもの場所がちょと楽しくなる!?ハンモックを選ぶときのポイント…
  3. 海外で人気のカーテン大集合!おすすめ8選を公開
  4. ダイニングテーブルにはどんな種類がある?おすすめ7選ご紹介
  5. 人をダメにする!?話題のビーズクッションおすすめ10選
  6. ブランケットの選び方とは?海外で人気の7選をご紹介
  7. 失敗しない水槽の選び方と海外で人気のおすすめ8選
  8. 何度使ってもさらさらのバスマットはどれ?素材別おすすめ10選

ピックアップ記事

PAGE TOP