インテリア

移動中の睡眠を快適にしてくれるおすすめネックピロー10選!

飛行機やバスなどでの長旅は長時間座っていなければならず、本当に疲れますよね。特に機内などでは寝ようと思っても、リラックスした姿勢になれずなかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか?
そんな方は是非、快適な睡眠をサポートしてくれるネックピローを使ってみてはいかがでしょうか?最近はネックピローを使っている人をよく見かけますが、形や素材、機能などたくさんの種類の商品があります。そこで今回はネックピローを選ぶ上でのポイントと、おすすめ商品10選をご紹介します。

ネックピロー選びのポイント

膨らますタイプか、クッションタイプか


 ネックピローは空気を入れて膨らますタイプか、ビーズや低反発ウレタンなどの素材が詰められたクッションタイプに分かれます。膨らますタイプは内蔵ポンプでわずか30秒ほどで空気を入れることができるものも多く、使用しないときは空気を抜いてコンパクトになることがメリットです。  
 一方でクッションタイプは小さくすることはできませんが、安定感やつけ心地、首や肩への負担の少なさという点では圧倒的に勝っています。 普段首や肩が痛くなりやすいという方は、クッションタイプを選んできてもいいかもしれません。

枕の形 


一般期なU字型、J字型のものを始め、捻って自由自在に形を変えられるものなどたくさんの種類が存在します。普段機内やバスなどでどのような姿勢で寝ているかによって、枕の形を選んでみることをおすすめします。

枕以外の用途としても使えるか


 長時間座っていると、腰や背中が痛くなってくる方もいいはず。枕としてだけでなく、背中のクッションとして使えれば、体全体の疲れを軽減してくれより快適に過ごせます。

国内おすすめネックピロー8選

Metene ネックピロー


Amazon.jpで一番人気のネックピロー。こちらは内臓のエアポンプを押し込んで膨らませるタイプのネックピローです。首の乗せ方によって自由に形状が変わり、体圧が分散するので、長時間のフライトでも首への負担を軽減することができます。
カバーは取り外しが可能で、汚れても洗濯可能なので、清潔な状態を保つことができます。 専用のケースにい入れて持ち運ぶことができるので、旅行中もコンパクトに収納できて非常に便利です。

Kmall ネックピロー


こちらもポンプで膨らませるタイプのネックピローで 吸水速乾、通気性抜群の素材で長時間でも快適にご使用できます。ネックピロー本体にポケットが付いていて、スマホや音楽プレーヤー、イヤホンなどを入れておけるので移動中も便利です。

Wow Pillow


こちらはJ型のネッ
クピローで下から顎を包み込むことで、機内やバスで頭を横に傾けて寝たいという方に是非オススメしたいです。独特なデザインが機内での頭の揺れを防止してくれるので、背中や首の負担を軽くしてくれます。

SmartTravel ネックピロー


ネックピローもU字型やJ字型ではなく、普段使っている枕のような形を使いたいという方にはSmartTravelのネックピローがおすすめ。
ゴム製のバックストラップがついているので、機内での座席にはもちろん、車内やオフィスでの椅子にも取り付けることができて便利です。枕として使わないときは、腰や背中部分のクッションとして使用できるので、長時間のフライトで体を痛めやすい方はこちらのネックピローをチェックしてみてください。

HomySnug ネックピロー


低反発ウレタン素材でU字型のネックピロー。耐久性と柔らかさを兼ね備えた低反発ウレタンは首の乗せ方で、形が変化し疲労を軽くしてくれます。人間工学に基づいて作られた、こちらのネックピローは細かい部分まで工夫が施されていて、首をしっかりとフィットさせ、下顎が当たる部分には圧迫感を与えないように、凹み設計にすることで、違和感なく使うことができるようになっています。

Graphene Times ネックピロー


Graphene Timesのネックピローはグラフェン加熱という遠赤外線の熱エネルギーを発することで、首元を温めてくれ、首の疲れや血液循環を改善してくれることができます。温度は3段階に調節することができ、好みの温度で首元を温めることができます。 通気性の良いポリエステル素材で、暖かくなっても蒸れずに快適な状態でご使用できます。

Emoily ネックパッド


非常にコンパクトなサイズのEmoilyのネックパッド。頚椎をしっかりと固定するように作られた設計で、厚みのある低反発素材で、ミニサイズながら移動中の快適さをUPしてくれます。テーブルの上でうつ伏せで寝るときや、手と頭の間に挟んだりと、様々な睡眠スタイルにも使うことができます。

maifeitian ネックピロー


こちらのネックピローの特徴的な点は、枕としてはもちろん目隠しにもなってくれる点で、機内での睡眠をサポートしてくれます。
枕の中身はビーズが入っていて、肌触りがよく柔らかいので快適に寝ることができます。非常にコンパクトなサイズで、持ち運びにも便利でおすすめです。

海外おすすめネックピロー2選

BCOZZY Chin Supporting Travel Pillow



アメリカのAmazon内の、旅行用枕のカテゴリーでランキング1位のネックピロー。首に巻き付ける形で首から顎まで360°サポートしてくれます。特に顎が下がって、頭が下に向かないように設計されています。寝方によって形を変えることができ、折りたたんで重ねることで頭を横にして寝ることも可能です。

Dot&Dot Twist Memory Foam Travel Pillow




こちらは自由自在に形を変えることができる、多目的に使用できるタイプのネックピローになっています。オーソドックスなU字型のネックピローとして、窓や壁により掛かるときは頭と首元にクッションを当てるようにねじったり、棒状にしてベッドの上で使うこともできます。枕だけでなく背中のクッションとして使うこともできます。

まとめ

以上ネックピローの選び方と、おすすめ商品10選をご紹介しました。自分にあったネックピローを使う事で長時間の移動もより快適に過ごすことができます。しかし、中には実際使ってみたけれど、あまり寝心地が良くなかったなどという方もいらしたかもしれません。たくさんの種類があって、寝方によっても適したネックピローは異なるので、今日ご紹介したポイントを抑えながら、ベストな商品を見つけてみてください!

関連記事

  1. ワインセラーを選ぶポイントを徹底解説!おすすめ商品10選
  2. ソファベッドの選び方を解説!おすすめ10選
  3. 人をダメにする!?話題のビーズクッションおすすめ10選
  4. 何度使ってもさらさらのバスマットはどれ?素材別おすすめ10選
  5. タオルを選ぶときのポイントは?国内外おすすめ商品10選
  6. 知っておきたい海外のおしゃれなおすすめ壁紙を厳選!
  7. ダイニングテーブルにはどんな種類がある?おすすめ7選ご紹介
  8. ブランケットの選び方とは?海外で人気の7選をご紹介

ピックアップ記事

PAGE TOP