スポーツ・アウトドア

海外で人気のおすすめサッカーボール7選

世界中で最も競技人口が多いスポーツがサッカー。サッカーを生業としているいわゆるプロサッカー選手、趣味でサッカーをやっている方、これからサッカーを始めようと思っている方など、サッカーへの関わり方は人によって大きく異なります。

そこで、サッカーボールの特徴から選び方、おすすめまで、サッカーボールに関することを余すことなく紹介します。

初めに、サッカーボールは大きさ、グラウンド(土用or芝用)、使用用途(練習or試合or鑑賞)によってさまざまな種類に分類することができます。その中で、自分の使い方に合わせたサッカーボールを選ぶのをおすすめします。

サッカー上達のため、そしてサッカーをより楽しくプレーできるようにするべく、満足のいくサッカーボールを選びましょう!

サッカーボールの特徴

サッカーボールを選ぶときに注意すべき点やそれぞれの特徴をふまえたおすすめを紹介します。

サッカーボールの大きさ

サッカーボールは年齢によって使用する大きさが異なり、大きく分けて3つのサイズに分類可能。

✓3号:小学校低学年まで
✓4号:小学校高学年から
✓5号:中学生以上

数字の大きさがボールの大きさを示しており、それぞれの直径と重さは以下の通りです。

サイズ 3号 4号 5号
直径 19cm 20.5cm 22cm
重さ 300~320g 350~390g 410~450g

数字ではあまり違いは感じられませんが、実際に触れてみたり蹴ってみたりすると、その違いは明らか。試合で使われるボールの大きさは決まっているので、通常の練習などで小さいボールを使うと、試合での違和感を覚えずにはいられません。

サイズは必ず自分の年齢にあったものを選ぶのをおすすめします。なお、フットサルボールやリフティングボールのサイズとは異なるので、ご注意ください。

グラウントによる違い

サッカーボールは土グラウンド用と芝グラウンド用があります。それぞれは主に素材の違いであり、土用グラウンドはプチルと呼ばれる合成ゴムでできています。土用のサッカーボールはプチルによってボールの跳ねすぎを防いでいます。そのため、芝で土用のボールを使用すると、バウンドが低すぎてしまうという問題が発生する可能性あり。

芝用のサッカーボールはラテックスというチューブが使用されています。ラテックスは天然ゴムで伸縮性が高く、芝で使っても適度なバウンドがします。

逆に土のグラウンドで使ってしまうと、跳ねすぎてしまうので要注意。それぞれの違いを把握したうえで、サッカーボールを選ぶのをおすすめしますが、土でも芝でも練習を行う人は、お好きなものをお選びいただけます。

使用目的による違い

サッカーボールにはFIFAやJFAなどの機関がその品質を保証する「検定球」と呼ばれるものがあります。検定球はリバウンド具合や水分の吸収性、空気漏れテストなどの品質試験に合格したものに付与されるもの。検定球にはFIFAやJFAのロゴが印刷されているので、ボールにこだわりたい方は検定球の使用をおすすめします。

検定球のほかに「練習用」のサッカーボールもあります。一見大きな違いはありませんが、「品質テストに合格していないもの」もしくは「品質テストを受けていないもの」との認識で結構です。

練習用ボールは、検定球に比べてボールの伸びや跳ね方に違いがあります。公式戦では検定球が使われるため、日頃から検定球を使用するに越したことはありません。しかしながら、土のグラウンドで毎日ボールを使うとなると、検定球でも寿命が短くなってしまうため、練習用ボールを使うのがおすすめ。

最後に、観賞用のサッカーボールがあります。これはW杯で使用されるボールのレプリカや、サイン用ボールが挙げられます。文字通り観賞するためでしたら、観賞用のボールがベター。

おすすめの人気サッカーボール7選

海外でも人気のあるサッカーボールのおすすめを紹介します。それぞれの違いを把握したうえで、自分に合ったサッカーボール選びの参考にしてください。今回は最もシェアが高い5号球のおすすめを紹介します。

2018 FIFA ワールド杯の公式球

2018 FIFA ワールド杯の公式球 AdidasのTelstar 18は2018年のワールド杯の公式球です。練習も試合もすべてこのボールがあればまったく問題ありません。なお、デザインはロシアの都市景観を参考にしたとのこと。古典的なデザインに光沢などの要素を取り入れ、現代的な見た目になっております。日本が下馬評を覆してベスト16に入った大会でもあり、もっともおすすめできるボールの1つです。

チャンピオンズリーグの公式球

チャンピオンズリーグの公式球 Performance Champions League Finale Capitanoはその名の通り、チャンピオンズリーグで使われた公式球。サッカーボールの形状キープと耐久性を向上すべく、六角形のパネルを一緒に機械加工しています。バウンドは柔らかく、過去のボールよりも長持ちする点がおすすめです。

MIKASA サッカーボール5号検定球

MIKASA サッカーボール5号検定球 MIKASAのサッカーボールはその品質の高さから、長く愛されているボールです。中でもFIFA検定も合格しているFT5は、多くの人が抱く六角形のイメージと異なり、デザイン性もあるボール。MIKASAが取得している特許技術も盛り込まれており、高品質なボールといえます。

ユーロ2016の公式ボール

ユーロ2016の公式ボール このボールはその軌道と蹴った感触を重視している方におすすめのボール。超一流選手が集うEUROで使われたボールで、その品質には疑いの余地はありません。是非一度蹴ってみてはいかがでしょうか。

好きなチームのブランドボール

好きなチームのブランドボール 本格的なサッカーファンにおすすめのボールは観賞用のご自身が好きなチームのロゴが入ったボールです。オフィシャルグッズとして販売しているチームも多くあり、選手のサインをもらう人も多いでしょう。好きなチームのグッズがあるだけで、応援する気持ちがさらに高まること間違いなし。

プレミアリーグの公式球

プレミアリーグの公式球 世界大会や大きな大会ではアディダスのサッカーボールが使用されることが多いですが、その他メーカーでも高品質のサッカーボールはあります。ナイキのSC2994-022はイングランドの2017-2018のプレミアリーグで公式球として使用されたボール。そのため、ナイキの中では最もおすすめできるボールです。

定番デザインのWilson 練習球

定番デザインのWilson 練習球 Wilson Traditional Soccer Ballはそのデザインもオーソドックスで根強い人気があり、定番のボールが欲しい方にはおすすめできます。芝用の練習球として数多く販売されており、サイズも3~5号までそろっています。合成皮で柔らかいタッチと耐久性を兼ね備えています。魅力はなんといってもその価格。約1,000円(送料別)で購入することができ、Amazonの売上もサッカーボール部門では他を抑え常に上位にランクインしており、評価も高いため、世界中で人気のサッカーボールといえます。

まとめ

ここまで海外で人気のサッカーボールを紹介させて頂きましたがいかかでしたでしょうか?どれもかっこよく、使いやすい製品なのでどの商品もおすすめですよ。

関連記事

  1. スノーボード・スキーヘルメットの人気商品5選
  2. 海外で選ばれているおすすめスノーボードビンディング8選を公開!
  3. 失敗しない選び方と初心者におすすめテント【2018年決定版】
  4. ダイエット・トレーニングのおすすめのバランスボール10選!
  5. golf ball cover 海外でおすすめのゴルフボール8選
  6. 初心者におすすめ!静的ヨガ・動的ヨガで人気のヨガマットランキング…
  7. おすすめスキーバッグ7選!注目必須の選ぶポイントもご紹介
  8. 世界で使われるテニスボール徹底比較!おすすめ8選

ピックアップ記事

PAGE TOP