家電・カメラ・AV機器

失敗しない空気清浄機ランキング【2018年度決定版】

空気清浄機といっても加湿機能が付いたものから、たばこの嫌なニオイも強力に吸収してくれるもの、花粉やPM2.5に対応したものまで幅広くラインナップされています。

確かに沢山便利な機能が付いていた方が部屋を快適な空気にしてくれますが、その分本体価格は上がってしまいます。

そこでこのページではあなたの生活に合った空気清浄機が見つけられるよう重視するポイント毎におすすめの製品をランキング形式で紹介していきます。

また、選び方のポイントも合わせて抑えて自分の部屋に最適な空気清浄機を見つけましょう。では、製品の種類と選び方からご紹介していきます。

大きく分けた空気清浄機の種類

空気清浄機には大きく分けて3つの種類があり、価格帯と性能を用途によって異なってくるので簡単に確認していきましょう。

一般的な空気清浄機

ここでいう一般的な空気清浄機とは、フィルターにより部屋の空気を綺麗にしてくれる製品のことを指します。加湿機能などが付いていない分価格が安く、加湿機能のある空気清浄機よりも水垢を考えなく良いのでお手入れが簡単です。リビングなど部屋の空気を綺麗にできればいいという方におすすめです。

加湿機能つき空気清浄機

冬場のエアコンの乾燥対策にもおすすめなのが加湿機能つき空気清浄機です。別に加湿器をつける必要がなく1台で2役をこなしてくれるので加湿器を置くスペースを考えたり、空気清浄機と加湿器を別々にお手入れしなければいけないという手間が省けます。

ただ製品によっては小まめにお手入れしていても、生乾きのようなニオイがしてしまう場合があります。加湿機能をバンバン使って行きたいという方には、加湿機能に優れている製品がおすすめです。

イオン、オゾンを発生させる空気清浄機

家電量販店へ行くとイオンやオゾンを発生させる空気清浄機がおすすめモデルとして多く店頭にラインナップされています。

イオンというだけで空気が綺麗になるようなイメージを持ってしまいますが、国立病院機構の仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンターの西村秀一氏の論文によれば、実験の結果、殺菌効果は大きく変わらなかったという結果もでています。

オゾン脱臭機タイプは消臭効果が高く、たばこの臭いなどにおすすめですが、オゾンが多く発生して逆にオゾンの臭いが気になってしまうなどのクレームも発生しているので購入の際には口コミなどで評判を確認して頂くことをおすすめします。

大きく分けれてこれら3つの種類があるので、自分の生活や性格に合わせて空気清浄機を選びましょう。ここからは機能面でチャックしておきたいポイントを紹介していきます。

おすすめの空気清浄機の選び方とは?

ここから紹介する3つの機能性は、空気清浄機を購入する際には最低でも押さえて頂きたいポイントです。

せっかく空気清浄機を購入しても使っていてあまり空気が綺麗になっている実感がわかないのもこれらのポイントの確認不足のことも多いので、1つ1つ丁寧に解説していきます。

フィルター性能

空気清浄機の性能を左右するといっても過言ではないフィルターですが1番複雑な部分でもあります。1台の空気清浄機には、ほぼこの3つのフィルターがあり、それぞれ簡単にポイントを押さえてもらうのがおすすめです。

・プレフィルター

1番外側に設置されているフィルターで、ここで大半のホコリを除去します。基本は水洗いができるので交換の必要はありません。ダイキンやシャープなどの空気清浄機のライティングの多いメーカーでは、ホコリを自動で掃除してくれる機種も販売されているのでお手入れが面倒な方にはおすすめです。

・集じんフィルター

集じんフィルターはプレフィルターではキャッチできなかったちりなどを除去するためのフィルターです。最近では、HEPAフィルターという粒子が細かいPM2.5やタバコの煙、花粉なども99%以上キャッチできる高性能なものが主流となりつつあります。

こちらのフィルターには交換期限があり、半年から10年間交換が不要なものまで開発されています。基本的には交換期間が短いほうが空気清浄効果は高いですが、その分コストと交換の手間がかかるのでお好みで選んでください。

・脱臭フィルター

脱臭性能の基準は決められていて、タバコを試験体とすると初期除去率50%以上を規定しています。最近では活性炭を搭載したプレフィルターの空気清浄機も開発されているので効率よく消臭することができます。ただ効果を保つためにも定期的な洗浄は必要になってきます。

お手入れのしやすさ

日常生活の中で可動時間の長い空気清浄機はお手入れやメンテナンスが必要不可欠です。フィルターの交換頻度や集じんフィルターのお手入れもそうですが、加湿機能の付いた空気清浄機を使う場合には水垢などに注意が必要です。購入前にはしっかりとお手入れしやすいか確認しましょう。

置く場所の平米数

以外に見落としがちなのが置く場所に合わせた適用畳数。一人暮らしやそこまで大きくない部屋の場合には心配ありませんが、広いリビングや集じん機能を重視したい方はしっかりと確認をしておきましょう。適用畳数が多いと動作音も大きいモデルもあるため注意が必要です。

ここまでの知識を踏まえ、おすすめの空気清浄機を使う部屋、場所に合わせて紹介していきます。

お手入れが簡単な空気清浄機

ここからはお手入れが簡単な加湿機能を搭載していない空気清浄機をランキング形式で紹介していきます。

3位 臭いを強力消臭 ダイキン DAIKIN MC55U-W

ダイキンといえば、空気清浄機というほど確かに技術力で高性能な製品を開発しているメーカー。中でもこの製品はコンパクトな見た目とは異なり、強力に空気を綺麗にしてくれます。3方向から脱臭力の高いストリーマで臭いのものを分解することができます。

あまり部屋に置いても邪魔にならない空気清浄機をお探しの方におすすめです。


加湿機能
対応面積
25畳まで
フィルター
HEPAフィルター(10年交換)


2位 空気洗浄性能が高い バルミューダ EJT-1100SD-WK

フィルター10年交換不要とお手入れが少なく使い勝手の良い空気清浄機が多く開発される中、500時間(約1年の利用)でフィルターで交換をする空気清浄機も販売されています。それがこちらのバルミューダの製品。

強力な吸引力と高性能のフィルターで短時間で空気を綺麗にすることができます。2014年にはグットデザイン賞BEST100にも選ばれるなど、機能性とデザイン性に優れています。1年おきにフィルターを交換することを除けば便利に使うことのできる人気の空気清浄機です。


加湿機能

対応面積
16畳まで
フィルター
1年交換


1位空気清浄機だけじゃない ダイソン HP03WS

PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去することができ、高い気密性を持つ360度のHEPAフィルターで花粉やPM2.5、バクテリアも除去することができます。活性炭も3倍に増やしたばこへの臭い対策もバッチリです。

さらに、年間を通して冬は温かく、夏は涼しくダイソンの技術でパワフルにより早く快適を提供してくれます。空気清浄機と年間を通して使える冷暖房が使えるので価格に見合ったおすすめの製品です。


加湿機能

対応面積
23畳まで
フィルター
1年交換


加湿機能つき空気清浄機

3位 高性能な空気清浄機 パナソニック

次亜塩素酸で空気を洗うという空間の除菌・脱臭に特化した空気清浄機です。菌やウイルス、ニオイにすばやく高い抑制力を発揮します。家族やペットが集まるリビングや空間に最適です。

ただの空気清浄機でなく、空気を洗うという最新技術の製品です。価格は13万円台と高いですがそれだけの空気清浄効果が見込めます。


加湿機能

対応面積
15畳まで
フィルター
3年交換


2位 お手入れを考えたらこれが1番 日立 EP-MVG90 N

PM2.5はもちろん花粉、浮遊ウイルス、臭いのすべてに対応したメーカー日立が開発した空気清浄機。ペットなどのアンモニア臭、料理の臭いも強力に除去してくれます。また、洗える脱臭フィルターや吹出口に採用されたステンレスにより除菌効果も高いです。自動お掃除機能もあり、お手入れが面倒な方におすすめの空気清浄機です。


加湿機能

対応面積
30畳まで
フィルター
10年交換


1位 機能性もコストの抜群 MCK70U-W

加湿器機能があり、空気清浄機機能が高い製品で4万円を切る製品はそう多くはありません。10年交換不要のTAFUフィルターに汚れ、臭いを2倍分解してくれるツインストリーマを兼ね揃え、スマホで部屋の空気の状態を確認できる優れものです。価格も機能も申し分ない空気清浄機。


加湿機能

対応面積
31畳まで
フィルター
10年交換


まとめ

ここまでおすすめの空気清浄機を紹介させて頂きましたがいかかでしたでしょうか?自分の生活に合わせた製品を手に入れて、空気の綺麗な快適生活を手に入れましょう。

関連記事

  1. ポータブルゲーム機PS Vita 海外人気ソフトおすすめ8選
  2. おすすめのボイスレコーダー厳選10選!【2018年決定版】
  3. ダンディーな男性をめざす!メンズシェーバーのおすすめ人気ランキン…
  4. この冬暖かく過ごせるおすすめホットカーペット10選!
  5. 海外で人気のワイヤレススピーカー10選
  6. 海外で売れてるおすすめスピーカー7選。どんな種類があるの?
  7. スマートグラスの使い方を比較!おすすめ商品8選をご紹介
  8. どんな種類がある?おすすめのワイヤレスイヤホン7選

ピックアップ記事

PAGE TOP