家電・カメラ・AV機器

コーヒー文化が根付いているおすすめ海外コーヒーメーカー10選

 普段からスターバックスなどでコーヒーを飲んでいる方でも、自宅にコーヒーメーカーは持っていないという方は結構いるのではないでしょうか。

バリスタが煎れてくれるコーヒーに比べると味が劣るのではというイメージをお持ちかもしれませんが、味はもちろんのこと、コーヒメーカーは普段の生活をより充実したものにしてくれるのです。

コーヒー好きなら自宅に一台!

・飲みたいときに美味しいコーヒーが飲める


 自宅で飲みたいときにすぐ飲むことができるのは、最大の利点ですよね。最近はコンビニのコーヒーのレベルも上がってきてはいますが、やはり豆から煎れたコーヒーはしのげません。

・自分の好みの豆を選んで楽しめる


 コーヒースタンドでも、3種類ぐらいの豆から選べるところもありますが、必ずしも好みの味があるとは限りません。何種類かストックをして、その日の気分でお気に入りのコーヒーを飲むのは格別、いろんな豆を試してお気に入りを見つけていくというのもおすすめです。

・ラテやカプチーノなどが自宅で飲める


 本格的な機能を持っているコーヒーメーカーならミルクを泡立てたりして、好みのコーヒーがつくれることも嬉しいですね。
コーヒー好きな方は、お気に入りのコーヒーショップや豆の好みをお持ちだと思いますが、それがいつでも飲めるわけではないと思います。
自宅に用途にあったコーヒーメーカーを用意すれば、日常生活がより充実したものになると思います。Xボーダーバイヤーが選んだ海外のおすすめコーヒーメーカーを紹介します。価格や機能、容量から、ご自身にあった製品を探してみてください。

Xボーダーバイヤーチームが選んだコーヒーメーカー10選


Keurig(キューリグ) クラシックコーヒーメーカー


 
アメリカの家庭で最もポピュラーなのが、ポーションタイプのカートリッジで簡単にコーヒーがつくれるKeurig(キューリグ) のマシン。

電源を挿し、水をタンクに貯め、ポーションをセットし、スタートボタンを押すだけという簡単な手順で、コーヒーがつくれます。

都度の清掃が必要ないという点もおすすめ、寝起きにささっと飲めてしまいます。コーヒーだけではなく、紅茶や日本茶、ココアなど、ポーションの種類が幅広いのも人気の理由です。

Mr. Coffee(ミスターコーヒー) 12杯容量モデル


 
オーソドックスなコーヒーメーカーで人気なモデルがMr. Coffee(ミスターコーヒー)のこちらのマシン。シンプルなつくりで使い方に迷うことがありません。

シンプルではありますが、カラフェやカップが置かれていないと、コーヒーが抽出されてないという自動停止機能を備えているため、使い勝手の良いモデルです。豆を入れる部分のカートリッジの形状もシンプルで取り出しやすいため、お手入れもお手軽です。

Takeya(タケヤ)アイスコーヒーメーカー


 

暑い季節はもちろん、スッキリしたいときに飲みたいのがアイスコーヒー。Takeya(タケヤ)のアイスコーヒーメーカーは見た目もスタイリッシュで、ご友人・ご家族と一緒にアイスを楽しみたいときに活躍します。

アイスコーヒーをつくるとどうしても苦味が気になるもの。このメーカーは、粉を入れた後に水を入れ、一晩寝かせることで、美味しいアイスコーヒーをつくれます。カラフェの密閉構造のおかげで、冷蔵庫で2週間もの間、アイスコーヒーが楽しめます。

Secura(セクラ) フレンチプレス式メーカー



 フレンチプレスとは金属のフィルターを使ったコーヒー抽出の手法で、コーヒー豆の様々な成分が抽出されるため、味わい深いテイストを楽しむことができます。Secura(セクラ)のステンレス製フレンチプレスのコーヒーメーカーは、外側も内側も最高品質のステンレススチールでつくられています。

二重構造のため、単層構造のものより保熱性に優れており、比較的長い時間あたたかいコーヒーが楽しめます。フィルタースクリーンは簡単に分解して清掃することができるので、お手入れもしやすい製品です。

JavaPresse(ジャバプレス)コーヒーグラインダー



 コーヒー豆は購入したお店で粉状にひいてもらうことができますが、風味や香りにこだわりたい方には、グラインダーをおすすめします。コーヒーを飲む直前に、豆を引くための器具がグラインダー、ミルとも呼ばれています。

JavaPresse(ジャバプレス)の本製品には、15種類以上に設定可能なグラインダセレクタが内蔵されており、豆の粗さを思いのままコントロールできます。 また、付属品として、クイックスタートガイド、グラインドチャートなどが含まれており、グラインダーを最大限に活用するのに役立つセットとなっています。

ひいている時の感覚や香りの虜になる人もいるというグラインダー、安価なものも数多くありますので、一度試してみてください。

Farberware(ファーバーウェア) ろ過装置付きコーヒー沸かし



 Farberware(ファーバーウェア)は100年以上に歴史のあるブランド。このパーコレータと呼ばれるコーヒー沸かしは伝統を継承した商品です。頑丈なステンレス鋼は、鏡面仕上げに研磨され、その洗練された外観は、キッチンのインテリアとして揃えたくなる重厚感があります。

非反応性の内部は、水が望ましくない匂いや味を吸収するのを防ぎます。 ずっと利用できるフィルターバスケットを備えているので、都度、紙のコーヒーフィルターを処分する手間がありません。食洗機で洗うことができ、大事に使えば何十年も利用できるのがこの商品の魅力です。

Bodum(ボダム)フレンチプレスコーヒーメーカー

 

ブラジル発のガラス機器メーカーBodum(ボダム)、世界中で人気のブランドです。こちらのフランチプレスメーカーは、温度を適温(92-96°C)に保ち、豆のエッセンシャルオイルに最適な抽出力をもたらします。

わずか4分で完成度の高い抽出を実現できる製品ですので、朝などお急ぎの際にも使いやすい製品です。風味はコーヒー愛好家をうならせるもので、プレスされたコーヒー豆からエッセンシャルオイルと酸味を抽出して最高の味を出すことのできる製品です。食洗機が使え、4杯分のコーヒーが楽しめるモデルです。

KitchenAid(キッチンエイド)アイスコーヒー専用マシン


 
キッチンエイドは確かな品質でアメリカでは調理家電ブランドとして、非常に信頼されており、日本でも人気があります。キッチンエイドでおすすめのアイスコーヒーメーカーの内部は、豆と水を入れるというシンプルな構造になっています。

ガラスとステンレススチールの部品を使用した流線型のデザインは、色味もシルバーとブラックでスタイリッシュ、キッチンやカウンターで目をひくモデルです。大量につくっても冷蔵庫で保管すれば、2週間楽しめます。14人分もの量がつくれるので、パーティーでも大活躍すること間違いなしです。

Hamilton Beach(ハミルトンビーチ ) コーヒーメーカー



 Hamilton Beach(ハミルトンビーチ) は、1910年に米国ウィスコンシン州で生まれました。コーヒーメーカーのホットプレートに長時間置かれているコーヒーを飲んだことはあると想いますが、なかなか新鮮な風味が保たれている経験をしたことはないと思います。

ハミルトンビーチが作り出したBrewStation(ブリューステーション)は、4時間もの間、新鮮な風味を保てるように開発されました。抽出されたコーヒーは内部のタンクにあたたかいまま4時間保存することができるため、たとえば、午前中を通して美味しいコーヒーを味わうことができます。

BLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー) シングルサーブメーカー

 

1910年にメリーランド州で生まれたBLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー)は、電動ドリルなどの電子機器のリーディングカンパニー。NASAでドリルが採用されるなど、非常に信頼のおけるメーカーです。この1杯用のシンプルな機器は、外出先でコーヒーを楽しみたい方に、最適なモデルです。

持ち運び用のマグが付属しており、本体と合わせてオールインワンで使えるすぐれたものです。ほとんどの車のカップホルダーにも合うサイズなのも嬉しいところ。 ワンタッチ操作でフィルタやバスケットが取り外し可能ですので、朝のコーヒー準備にも手間取りません。

ワクワクしながら届くのを待とう!

 コーヒー愛好国アメリカで特に人気のモデルを10点ご紹介しました。デザイン性に優れたものも多く、選んでいるだけで楽しくなってきます。様々な種類があるので、どうやって自宅でコーヒーを楽しみたいか考えてタイプを選んでみてください。

関連記事

  1. 初めてのドローンの選び方とおすすめの製品を紹介!
  2. 料理の幅を広げてくれるおすすめのフードプロセッサー
  3. おすすめホームシアターランキング9選!種類や機能を比較して選ぼう…
  4. 一人暮らしにおすすめの炊飯器は?コスパ・機能・おしゃれランキング…
  5. よく聞くスマートウォッチって何? おすすめ商品8選をご紹介
  6. ロボット掃除機 徹底比較おすすめ7選
  7. 眼鏡や小物を驚くほど綺麗に!おすすめ超音波洗浄機ランキング
  8. 部屋別でおすすめの加湿器をご紹介!海外人気商品5選

ピックアップ記事

PAGE TOP